ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今年最初のGIフェブラリーS(2月19日/東京・ダート1600m)が開催されます。

 ただ、メンバー的にはやや寂しい感じがしますね。長くダート界をけん引してきたホッコータルマエが引退し、代わって中心的な存在となったアウォーディー、さらにそのアウォーディーを地方交流重賞の東京大賞典(2016年12月29日/大井・ダート2000m)で破ったアポロケンタッキーらが出走しないからです。

 また、昨秋のGIチャンピオンズC(2016年12月4日/中京・ダート1800m)でアウォーディーを差し切って勝利し、ダート界のトップに踊り出ようかというサウンドトゥルー(せん7歳)も、当初は芝スタートに懸念があって、ここに向かう予定はなかったそうです。ゆえに、およそ2週前に行なわれた地方交流重賞の川崎記念(2着。2月1日/川崎・ダート2100m)を使ったのでしょう。

 それが結局、今回も出走することになったのは、前述の2頭が回避し、相手関係が楽になったからだと思いますが、はたしてそういった形の出走で結果が出せるのか、やや疑問です。主戦の大野拓弥騎手が騎乗停止となって、直前に鞍上が代わるのもプラスとは言えません。

 昨年の覇者モーニン(牡5歳)にしても、名手のライアン・ムーア騎手が鞍上を務めることで人気にはなりそうですが、気にかかる点があります。昨年は前哨戦の根岸S(東京・ダート1400m)を使って挑んできたにもかかわらず、今年はその根岸S(1月29日)をスキップして、ぶっつけで臨んできたからです。

 もちろん、このことが功を奏する可能性もありますが、昨年の勢いは感じませんし、前哨戦を使わなかったことには、何らかの理由があるような気がします。昨年は本命視しましたが、今年はそこまでの評価はできません。

 さらに、コース改修と施行時期が変更されてから有力なステップレースとなっていた東海S(1月22日/中京・ダート1800m)組も、勝ったグレンツェントをはじめ、上位勢のほとんどが出走を見送り。多くの実績馬が参戦しないうえ、有力各馬が臨戦過程で不安を抱える中、今年のレースは全体のレベルもやや低調になってしまった感がありますね。

 しかし逆に言えば、激戦は必至。例年に比べると、かなりの混戦模様と言えるのではないでしょうか。

 そうした状況の中、必然的に前哨戦の根岸S組への注目度が高まります。特に、鮮やかすぎる勝ち方を見せたカフジテイク(牡5歳)への支持は相当集まるでしょう。

 確かに、あの決め手は驚異的でした。乗っているジョッキーは、よりそのすごさを実感していると思います。ただし、東京のダート戦は1400m戦のほうが1600m戦よりも差しが決まりやすいんです。

 1600m戦になると、スタート地点が芝のため、芝向きのスピードの有無がはっきり出るうえ、スタートから3コーナーまでしばらく直線が続くため、ポジション争いが1400m戦ほど熾烈にならず、前半のペースが上がりにくいんです。その結果、先手を取った馬でも最後まで粘ることができ、1400m戦よりも差し切るのがやや難しくなります。

 それを考えると、カフジテイクが根岸Sのような末脚で差し切れるかはわかりません。加えて、サウンドトゥルーと同様、直前に騎手の乗り替わりがありました。マイナス材料は少なくありません。

 そうは言っても、その決め手は本当に凄まじいものがあります。ちょっとしたことで、勝つチャンスがめぐってきてもおかしくありません。

 根岸S2着のベストウォーリア(牡7歳)は、フェブラリーSには4年連続の挑戦となります。一昨年の3着が最高位で、昨年が4着と着順を落としていることもあって、意外と今回は人気も落としそうです。

 しかし、前述したとおり、今年はメンバーが手薄になっています。前走を見る限り、年齢的な衰えは感じませんし、好位につける器用さは混戦メンバーとなれば、より強みになります。

 鞍上も、主戦ジョッキーの戸崎圭太騎手。今の戸崎騎手なら、選ぼうと思えば他の馬も選べると思うのですが、この馬にこだわるところを見ると、勝てる可能性を感じているのでしょう。実際、そのチャンスは大きいと思います。

 根岸S組の、3着エイシンバッケン(牡5歳)、4着キングズガード(牡6歳)、5着ニシケンモノノフ(牡6歳)あたりは、1400mがベストにもかかわらず、そこで決定的な差をつけられてしまいました。距離が延びて台頭するには、よほど恵まれないと厳しいのではないでしょうか。

 根岸Sの上位2頭、カフジテイクとベストウォーリアに迫れる馬は、他にいるのか。昨年2着のノンコノユメ(せん5歳)にも可能性を感じますが、それ以上に気になる馬がいます。

 明け4歳馬のゴールドドリーム(牡4歳)です。


フェブラリーSの舞台となる東京・ダート1600mを得意とするゴールドドリーム 前走のチャンピオンズCでも注目していましたが、何かアクシデントがあったような大敗(12着)を喫しました。決して、あそこまで負けるような馬ではなく、おそらく致命的な問題があったのだと思います。

 そのため、昨年の覇者モーニンと同じく、この馬も前哨戦を使わず、ぶっつけでここに挑んできたのでしょう。が、この馬の場合、以前から感じていたのですが、レースを使い詰めるより、間隔を開けてフレッシュな状態でレースに臨んだほうがいいと思います。陣営もそう考えて、今回はそうしたローテーションを選択したのではないでしょうか。

 そして、この東京・ダート1600mというのは、強い内容で勝ったヒヤシンスS(2016年2月21日)、重賞制覇を遂げたユニコーンS(2016年6月19日)、勝ちに等しい内容を見せた武蔵野S(2着。2016年11月12日)と同じ舞台。3戦2勝、2着1回という相性のいいコースですから、今度はいいパフォーマンスを見せてくれると思います。

 鞍上は、引き続きミルコ・デムーロ騎手が務めます。昨年勝ったモーニンではなく、この馬を選んだところに、勝負気配を感じます。モーニンに乗ろうと思えば、乗れたと思いますからね。

 先週は、サトノクラウンに騎乗して京都記念を制しました。その前の週には、東京新聞杯で見事な手綱さばきを披露し、ブラックスピネルを勝利に導いています。デムーロ騎手の、ここ一番での勝負強さには驚かされるばかりです。

 今週も、そして今年も、勝つ可能性はあります。そんな、3週連続の重賞制覇、フェブラリーS連覇を狙うデムーロ騎手が騎乗するゴールドドリームを、今回の「ヒモ穴馬」に指名したいと思います。大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>