2月19日(日)、2017年の最初のJRA GI、フェブラリーステークス(東京・ダート1600m)が行なわれる。前哨戦のGIII根岸ステークス(1月29日/東京・ダート1400m)を豪快な追い込みで制したカフジテイク(牡5歳/湯窪幸雄厩舎)あたりが人気を集めそうだが、実力拮抗で混戦が予想される。今回は血統面から見た穴馬をピックアップしてみよう。

 過去7年でのべ3頭の勝ち馬、2頭の2着馬を送り出し、自身も2003年の勝ち馬でもあるゴールドアリュールの産駒は2頭が登録。2014年、2015年連覇を果たしたコパノリッキー(牡7歳/村山明厩舎)と、明け4歳の新星ゴールドドリーム(牡4歳/平田修厩舎)だ。コパノリッキーはもちろん要注意だが、今回はゴールドドリームのほうに注目したい。



昨年、ユニコーンSを勝ったゴールドドリーム 同じコースで行なわれたGIIIユニコーンS(2016年6月19日/東京・ダート1600m)を勝っており、母モンヴェールはGII関東オークス3着の活躍馬。3代母スタティスティックは種牡馬ジェイドロバリーの全妹で、そのまた祖母スペシャルはサドラーズウェルズやヌレエフなどの世界的種牡馬やエルコンドルパサー(GIジャパンカップ、GIサンクルー大賞典)など、多くの名馬を出した牝系の祖という名門牝系だ。前走のGIチャンピオンズC(2016年12月4日/中京・ダート1800m)はスタートで出遅れてレースの流れに乗れず、デビュー以来初めて3着以内を外したが、今回と同じ東京ダート1600mは3戦してヒヤシンスS(2016年2月21日)、ユニコーンSの2勝とGIII武蔵野S2着(2016年11月12日)の好成績。巻き返しが期待できる。

 アスカノロマン(牡6歳/川村禎彦厩舎)の父アグネスデジタルは2002年のこのレースの勝ち馬。母の父タバスコキャットはGIプリークネスS、GIベルモントSの米2冠馬だ。その父ストームキャットは2005年の勝ち馬メイショウボーラーの母の父で、昨年の勝ち馬モーニンの父系曽祖父。さらに祖母の父デピュティミニスターは2006年の勝ち馬カネヒキリの母の父、2009年の勝ち馬サクセスブロッケンの母の父と、このレースと相性の良い血が揃っている。前走のGII東海S(1月22日/中京・ダート1800m)は8着と敗れたが、昨年もフェブラリーSは3着に入っており、この条件は合う。

 エイシンバッケン(牡5歳/中尾秀正厩舎)の父ヨハネスブルグは BCジュヴェナイルなどを勝って米国と欧州で2歳牡馬チャンピオンに輝いた名馬。その父ヘネシーは2007年の勝ち馬サンライズバッカスの父で、昨年の勝ち馬モーニンの父系祖父でもある。母の父シンボリクリスエスは2009年の勝ち馬サクセスブロッケンの父。この馬もこのレースには相性の良い血が揃っている。

 昨年も注目していたが、10着と敗れたホワイトフーガ(牝5歳/高木登厩舎)。その父クロフネは東京ダート1600mの日本レコードホルダーで、母の父フジキセキは2006年の勝ち馬カネヒキリの父という血統構成だ。牝系は秋華賞馬ヴィブロス、重賞2勝のシュヴァルグランと、昨年の重賞勝ち馬2頭を送り出している勢いあるファミリー。昨年から経験を積んでパワーアップしており、今年は好走を期待したい。

 最後に人気が予想される馬たちも血統面からチェックしておこう。

 根岸Sを勝ったカフジテイクは全7勝が1400mだが、1600mは1戦して昨年の武蔵野S3着。1800mでも2戦して昨年のチャンピオンズC4着と、大崩れはしていない。父プリサイスエンドの産駒も東京1400mより1600mのほうが高い勝利数・勝率を記録している。追い込みタイプの馬だけに展開に左右される面もあるが、当然ながら軽視は禁物だ。

 根岸S2着のベストウォーリア(牡7歳/石坂正厩舎)は近4戦続けて2着と、勝ち切れないながら安定した走りを続けている。同距離の南部杯を2勝し、東京1600mも3勝、このレースでも一昨年3着、昨年4着と好走を見せている。今回も上位争いは必至だろう。父系祖父エーピーインディは2012年の勝ち馬テスタマッタの父系曽祖父でもある。

 昨年の覇者、モーニン(牡5歳/石坂正厩舎)は近走不振だが、父ヘニーヒューズの代表産駒の1頭ヘニーハウンドは6歳時に13番人気でオパールS(京都・芝1200m)を勝つなど、年を重ねて凡走が続いても激走する可能性を秘めている血の持ち主だ。人気を落とすようなら狙ってみたい。

 実力が接近していて混戦が予想されるだけに、当日の馬の状態や展開にも大きく左右されるだろうが、馬の能力を後押し、裏付けるのが血統であるケースも多い。筆者はゴールドドリーム、アスカノロマンの2頭を中心に狙ってみたい。

■競馬 記事一覧>>