カフジテイクが驚異の末脚で根岸S(1月29日/東京・ダート1400m)を制したとき、キャリアの長い競馬ファンの中には、ブロードアピールという馬を思い出した人が少なくなかったようだ。


根岸Sでは圧巻の走りを披露したカフジテイク ブロードアピールは、1998年にデビューして2002年まで、芝、ダートの短距離戦で活躍した名牝だ。得意としたのは、後方一気の豪快な追い込み。この戦法で、ダートの重賞を5つも勝っている。

 その中のひとつが、2000年の根岸S(当時の名称は「東京中日スポーツ杯根岸S」)。11月開催の東京・ダート1200mと、現在とは条件が異なるものの、実は今回のカフジテイクの勝ちっぷりが、まるでそのときのVTRかと見間違うほどだったのだ。

 当時、ブロードアピールが叩き出した上がり3ハロンの時計が34秒3。もちろん最速の上がりタイムで、2番目に速い上がりを記録した馬(35秒5)とは1秒以上も差があった。そのため、「前が止まって見えた」とメディアで伝えられるのも当然のことだった。

 そして今回、カフジテイクも34秒5という最速の上がりをマーク。3着のエイシンバッケンが同様の決め手(34秒9)を見せたものの、2着に入ったベストウォーリア(35秒6)をはじめ、ほとんどの馬とは上がりタイムだけで1秒以上も速かった。ゆえに、ブロードアピールの勝利の再現かのように見えたのだ。

 ブロードアピールが、その破壊力満点の決め脚によって「個性派」と認識されたように、カフジテイクも今回のパフォーマンスによって、”個性派”の列に加わったことは間違いないだろう。実際、関西の競馬専門紙記者は、「パサパサに乾いたダートのこの距離の競馬で、この上がり時計はほぼ極限に近い」と、カフジテイクの豪脚に驚愕していた。

 とはいえ、”個性派”は”一流”を意味することはあっても、必ずしも”最強”を示すわけではない。

 そういう意味では、この週末に開催されるGIフェブラリーS(2月19日/東京・ダート1600m)は、カフジテイクが”個性派”にとどまるか、あるいはそこからもうひと皮むけるのかを占う、重要な試金石の一戦となる。

 カギを握るのは、カフジテイクの最大の武器である、その末脚だ。

 これまでも騎乗依頼を受けていたものの、タイミングが合わず、根岸Sで初めて手綱を取った福永祐一騎手は、レース後、近しい競馬関係者にこんなことを語っていたという。

「イメージどおりだった部分と、イメージと違う部分があった」

 イメージどおりだったのは、最後にすごい脚を使えること。反対にイメージと違ったのは、スタートしたあとに二の足がつかないことだという。

 どうやら、レース前の福永騎手は、ここはトライアルだから、いつもより前で競馬をさせられないものかと考えていたらしい。だが、スタート後、馬自身がまったく前に進んでいこうとしなかったというのだ。

 そして、福永騎手はこう語ったそうだ。

「(カフジテイクは)テンに行かないで、最後の直線で脚を使うことが競馬だと覚えてしまっている」

 つまり、カフジテイクに騎乗するにあたっては、レースの格が上がろうと、相手がどれだけ強化されようと、「もう少し好位で」とか「馬群の中で我慢して」とか、いわば”こざかしい”レースプランはあり得ない。今度の「ダート最強決定戦」となるGIであっても、再び直線で外に出して追い込む、そうした競馬しかできないということだ。

 根岸Sなら、それでも勝てた。その点についても、先述の競馬関係者がこう言及する。

「根岸Sのあと、福永騎手はこうも話していました。『これくらいのメンバーなら、展開は関係ない。そもそも能力が一枚抜けている』と」

 では、メンバーレベルがグンと上がる今回はどうか。

 福永騎手は「チャンスはある」と言ったという。ただし、「あくまでも、展開次第」と付け加えたそうだ。

 残念ながら、福永騎手は根岸Sの翌週、落馬して負傷。フェブラリーSでカフジテイクに騎乗することはできなくなってしまった。本番の鞍上は津村明秀騎手が務める。だが、誰が乗るにせよ、後方一気の戦法は変えられない。ならば、騎手変更は大きなマイナスにはならないのではないか。距離延長についても、昨年暮れのGIチャンピオンズC(2016年12月4日/中京・ダート1800m)で4着と好走しているから、特に心配することもないだろう。

 そうなると、結果を左右するのは、やはり根岸Sのときのような脚が使えるかどうか。加えて今度は、それが使えたとしても、最強クラスの相手にも通用するかどうか、ということになる。

 先の競馬関係者によれば、福永騎手は昨年の秋には「来年のフェブラリーSには、この馬に乗りたい」と思っていたそうだ。当時、カフジテイクはオープン特別を勝ち上がったばかりだったが、同レースで別の馬に騎乗していた福永騎手は、その強い勝ち方に強烈なインパクトを受けた。夏の休養を経て、「馬がすごく成長していると感じた」という。

 そして、根岸Sに騎乗して、実際にその成長を確認できた。それだけでなく、福永騎手は「この馬はまだまだ成長の余地を残している」と語っていたそうだ。競馬関係者がその詳細を明かす。

「この馬は、5歳になって、かなりレースの数も使っているのに、福永騎手は『(馬体が)まだ緩い』と言うんです。つまり、成長し切っていないということ。裏を返せば、それだけ成長の余地がまだあるということ。彼はそれを含めて、『チャンスがある』と話していました」

 根岸Sの末脚は「極限」ではなかった――。カフジテイクには、もう一段上のギアがあるということだ。 その異次元の末脚をフェブラリーSで披露し、もはや”個性派”ではなく、正真正銘のダート界”最強馬”として君臨してもおかしくない。

■競馬 記事一覧>>