Xperia超えの可能性もある? 欧州で人気のフランス スマホメーカー「Wiko」が日本参入の本気度とは

写真拡大

フランス・マルセイユで2011年に設立されたスマートフォン(スマホ)などのモバイル製品のベンチャーメーカー「Wiko」が日本に参入すると2月14日に発表した。

ワイコウ・ジャパン(Wiko Japan)が同日に発表会を開催し、第1弾としてSIMフリースマホ「Tommy」を2月25日より順次発売する。価格は14,800円(税別)。

Tommyは約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載したローエンドモデル。
低価格ながら高音質通話サービス「VoLTE」にも対応するなど、なかなか面白いモデルだ。

またブランドカラーとなる青と緑の中間の「ブリーン」をはじめ、ラッシュレッド、トゥルーブラック、サンイエロー、ホットピンク、クールグレーと、6色のカラフルで、おしゃれな外観も、目を引く大きな特長となっている。

ワイコウ・ジャパンは、まずは低価格なエントリーモデルを発売し、日本市場ではSIMフリー市場でシェア5位以内をめざすという。そして、2017年にさらに数機種の日本投入を検討中だ。

日本参入はSIMフリースマホが拡大していることに加え、販売台数の拡大だけでなく、日本の高水準な通信インフラ・サービスを吸収し、新製品の技術的・品質的な向上を目的としているとのこと。

TommyもフランスのOrangeやイタリアのTIMといった通信事業者からの要望を聞いて若年層向けに開発されたということで、Wikoではこういった市場のニーズを具体的に形にすることでシェアを伸ばしてきている。

特にヨーロッパでは、地元フランスやポルトガルでシェア2位、イタリアで3位、スイスやオランダで4位など、西ヨーロッパ全体でも5位まで上がってきており、2016年の累計販売台数は1000万台を超え、2017年は1500万台をめざしている。

この数字はまだまだ世界の上位メーカーと比べると少ないが、ソニーのXperiaシリーズのスマホが2016年に1510万台だったことを考えるとベンチャーとしては、かなり勢いがあると言ってよいだろう。

すでに世界34カ国で販売しており、日本の次にはすでにギリシャへの参入も決まっているという。海外で販売している上位モデルには5.2インチフルHDや3GB RAM、1300万画素カメラなどのよりスペックの高い製品もある。

Tommy以外にも「Robby」や「Sunny」など親しみやすいネーミングが付けられているなど、製品ラインナップも豊富なため、スマホの一見した性能の違いがあまりなくなってきた昨今、見せ方次第では日本でも人気となる可能性はある。今後の動きに注目したいところだ。

●Tommy(型番:P4903JP)の主な仕様
画面   :5.0インチHD IPS液晶
大きさ  :145.9×71.5×8.9ミリ
重さ   :145グラム
本体色  :ブリーン、フラッシュレッド、トゥルーブラック、サンイエロー、ホットピンク、クールグレー
SoC   :Qualcomm製「Snapdragon 210(MSM8909+)」(1.3GHz CPU×4コア)
メモリー :2GB
ストレージ:16GB、microSDXCカード
バッテリー:2500mAh(取外不可)
カメラ  :背面約800万画素、前面約500万画素
通信   :Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth 4.1
位置情報 :A-GPS
センサー :加速度、光、近接、磁気、ジャイロ
端子   :イヤホン端子、microUSB端子(OTG対応)
memn0ck