冬の東京開催も3週目。そのメインとして行なわれるのが、3歳クラシックの登竜門とされるGIII共同通信杯(2月12日/東京・芝1800m)である。

 過去5年の勝ち馬のうち、ゴールドシップ、イスラボニータ、ディーマジェスティの3頭が牡馬クラシック第1弾の皐月賞(中山・芝2000m)を勝利。それぞれ、第2弾となる日本ダービー(東京・芝2400m)でも奮闘した(ゴールドシップ=5着、イスラボニータ=2着、ディーマジェスティ=3着)。ゴールドシップは秋の菊花賞(京都・芝3000m)も制している。


昨年の勝ち馬ディーマジェスティは、クラシック第1弾の皐月賞を制した 栄冠は手にできなかったものの、一昨年の勝ち馬リアルスティールも皐月賞で2着、ダービーで4着、菊花賞で2着と、クラシックを沸かせた。その翌年、ドバイターフ(UAE・芝1800m)でGI勝利を果たしている。

 さらに2着馬を見ても、ディープブリランテとドゥラメンテがクラシックを制覇。ディープブリランテは皐月賞3着後、ダービーで戴冠を果たした。ドゥラメンテにいたっては、皐月賞とダービーの二冠を達成している。

 まさしく近年、共同通信杯で好走した馬から、クラシックで活躍する馬が相次いで登場しているのだ。

 そもそも、冬場の、それもGIIIでありながら、いいメンバーがそろうことが多い。過去には、アドマイヤムーン、ジャングルポケット、エルコンドルパサー、メジロブライトといった名馬も勝ち馬に名を連ねている。ものの数週間もすれば、GII弥生賞(中山・芝2000m)やGIIスプリングS(中山・芝1800m)といった、レースの格も上で、皐月賞本番と同じか、近い条件のレースがあるにもかかわらず、だ。

 その理由としては、ひとつに東京競馬場という舞台設定がある。

 3歳馬の最大目標と言えば、やはり日本ダービーである。皐月賞のみに全力投球するならいざ知らず、ダービーを狙える器であるなら、やはりその舞台となる東京競馬場のレースは前もって経験しておきたいところ。それが、本番でプラスになることは明らかだからだ。

 そういう意味では、「特に関西馬にとってはメリットが大きいレース」と、デイリー馬三郎の木村拓人記者は語る。

「新馬や未勝利、条件戦でも容易に使える関東馬はともかく、長距離輸送をともなう関西馬にとって、東京競馬場が舞台で、しかもこのクラスのレースを経験できる数少ないチャンスとなるのが、共同通信杯。もし、ここで一発回答を出せれば、いよいよダービーも現実味を帯びてくるわけですし、素質馬の多い関西馬にとっては、試金石として最適なレースであると思います」

 別の角度から見ても、中山ではなく、東京のレースだからこその利点があるという。木村記者が続ける。

「中山ですと、どうしてもコースの形状から”紛れ”が出やすくなります。そうすると、力があってもそのすべてを出し切れずに終わってしまうことがあります。ということは、賞金も加算できず、クラシック出走すら危うくなります。力のある馬こそ、力を発揮できる舞台で、確実に賞金を稼ぐ、という面もあるでしょう」

 また、紛れのあるコースでは、仮に力負けであったとしても、その紛れに敗因を求めてしまい、根本的な部分を見落としやすい。その結果、過剰評価のまま本番を迎えて、結果を出せない、ということも少なくない。

「たとえ敗れても、ここで課題がはっきりすれば、皐月賞までおよそ2カ月、ダービーまでは約3カ月半あって、その間に本番を見据えて修正することも可能です。つまり、ローテーションという面でもメリットがあるわけです」(木村記者)

 共同通信杯に素質馬が集まる理由のもうひとつは、このローテーションにおける優位性がある。

「特に関西馬は輸送もありますし、本番までの間隔が詰まってしまう中山でのトライアル出走を好まない厩舎も少なくありません。最近は、レースの合間に短期放牧に出す傾向もありますし、そういう状況の中では、本番までにゆったりとした間隔があったほうが調整しやすい、ということもあるでしょう」(木村記者)

 共同通信杯をステップにして、皐月賞を制したゴールドシップに騎乗していた内田博幸騎手にも話を聞いてみた。そこで語られたものは、まさに木村記者の分析を裏付けるものだった。

「ゴールドシップは関西馬でしたからね。3歳のあの時期で、しかもゴールドシップの性格も考えると、中山で(トライアルを)使ってまたすぐに本番という形で、短い期間で輸送が続くよりも、(共同通信杯を使って本番までの)間隔が空いていたことがよかったと思います。実際に乗った感じも、皐月賞のときは気分もリフレッシュできていて、体重も減っていたのにグッと成長したような印象を受けました。

 あと、僕自身、ゴールドシップには共同通信杯が初騎乗だったので、実力を発揮しやすい東京のほうが、シンプルに(同馬の)力を量りやすかった、というのはありますね。もしあれが弥生賞とかだったら、いい競馬はしていたと思いますが、(トリッキーなコースである分、結果を出すために)あれこれ余計なこと考えすぎてしまったかもしれないですし、本当に(ゴールドシップの)力を把握できたかどうか、微妙なところですね」

 共同通信杯は、期待馬、素質馬にとって絶好の舞台であることは明らか。しかも、ゆとりあるローテーションやレース間の調整に重きを置かれるようになった今、クラシックに向かううえで、ますます重要なステップレースとなっている。それゆえ、以前にも増して、ここに将来を嘱望された多くの有力馬が集結。その分、レースのレベルも上がって、ここで結果を出した馬がそのままクラシックでも好成績を収めているのだろう。

 さて、今年のレースはどうか。やはり、今後のローテーションも考慮した、将来性のある関西馬が数多く名を連ねている。レースの行方について、再び前出の木村記者が予想する。

「このメンバーの中では、先々を考えると(素質では)スワーヴリチャード(牡3歳/父ハーツクライ)とムーヴザワールド(牡3歳/父ディープインパクト)が抜けているのではないでしょうか。昨秋のGIII東京スポーツ杯2歳S(2016年11月19日/東京・芝1800m)で、勝ったブレスジャーニーに僅差で敗れた2頭ですが、当時はあの時点での完成度の違いで敗れた印象があります。

 スワーヴリチャードは、重賞2着で賞金を加算したとはいえ、クラシック出走には安心できる収得賞金ではありません。新馬勝ちしかないムーヴザワールドにいたっては、勝ち負けが必須な状況です。そう考えると、ここはともに一戦必勝の態勢。きっちり結果を出して、中間でリフレッシュとチューンアップを施して本番に臨む、という青写真でしょうから、久々でもこの2頭が中心と見ていいでしょう。

 その他の関西馬、エアウィンザー(牡3歳/父キングカメハメハ)や、タイセイスターリー(牡3歳/父マンハッタンカフェ)らの強さも認めますが、ダービーを意識するかどうかで考えたとき、この2頭は少し距離適性が合わないイメージがあります。その分、先に挙げた2頭よりも評価を下げざるを得ません」

 素質馬が集った関西馬が中心と読む木村氏。それでも、「一発を秘めた関東馬が1頭いる」という。

「チャロネグロ(牡3歳/父ハーツクライ)です。同馬は、これまでにGI級の馬を担当していた助手さんが、『かなり背中がいい。走る馬』と太鼓判を押しています。ただ、レースではどうも気持ちが乗りにくく、まだまだ素質のよさを生かせていません。3番人気ながら9着に終わった新馬戦がまさにそうでした。

 続く前走も、まったくやる気を見せていなかったんですが、3コーナーあたりからグッとやる気を見せて、見事な勝ちっぷりで未勝利戦を突破しました。未知の部分が多いですが、もしここで好走するようであれば、昨年のディーマジェスティの再現のようなこともあると思いますよ」 注目度が高まる共同通信杯。今年もここからクラシック馬が生まれるのか。今後の大舞台を見据えたうえでも見逃せない一戦となる。

■競馬 記事一覧>>