「なんでも鑑定団」で国宝級と太鼓判の茶わんに疑義 文化財調査を中止

ざっくり言うと

  • 徳島県に住む男性の茶碗が2016年の「なんでも鑑定団」で国宝級と鑑定された
  • 9日、県教育委員会は文化財指定に向けた調査計画を中止したことが判明
  • 専門家から疑問視する声が相次ぎ、所有する男性が調査中止を申し出たという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x