大阪市西成の簡易宿泊所で男性自殺 残された2千万円は国庫に入る可能性

ざっくり言うと

  • 2016年9月、大阪市西成区の簡易宿泊所で身元不明の男性が自殺した事件
  • 男性は2千万円もの現金を所持していたが、身元を示す持ち物は一切ない
  • 相続人がいなかった場合、夏ごろには財産が国庫に帰属することになるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x