写真は葵つかさTwitterより

写真拡大

 嵐の松本潤(33)と4年に渡って極秘交際していたと報じられたAV女優・葵つかさ(26)。昨年末の『週刊文春』(文藝春秋)発売後から、記事に関する言及を避けてきたが、いよいよ熱心な“ジャニヲタ”からの攻撃に滅入ってしまったようだ。

 葵は記事が出る直前の12月27日、自身のTwitterに「少しだけ、おやすみなさい」(その後削除)と、投稿した。その後、本人はしばらく沈黙を貫いていたが、ジャニーズファンからの誹謗中傷が飛び交い、Twitterは大炎上。1月17日にTwitterで活動再開を報告した際には「活動再開なんて図太い神経してるね さすが売名さん♪」などと、さっそく批判コメントが寄せられていた。

 そんな中、葵は2月2日未明にこう発した。

「何を言われてもスルーしようと決めていたけど、何を呟いても憶測でずっと叩いてくる人がまだまだいるのが現状で、私がツイッターをやめたらそういう人達はスッキリするのだろうか…」

 意味深にツイート。続いて、

「というツイートをしたら大人達に怒られるのはわかっているのだけど、言葉って毎日見てると、気にしないようにしてても、頭のどこかに残っていくんですね」

 と、前出の書き込みは“独断”であることを匂わせた。この件に関して、ジャニーズに詳しいライターが言う。

■証拠画像をファンが拡散

「この爆弾ツイートの直前、葵は『誤RT…』という一文を投稿しています。実は、葵がリツイートした他人の書き込みは『ファンでも何でもないけど、井上真央には勝てないよ?全て!井上真央の方が可愛いし、松潤にお似合い』『丁度良く遊ばれたんでしょ?』などと、罵詈雑言が並ぶツイートだったんです。本当に手違いでリツイートしてしまったのか、それとも、反論するきっかけを作りたかったのか……」

 いずれにせよ、葵がこのメッセージをリツイートしてしまった段階で、画面を保存したファンがネット上にキャプチャ画像をアップ。リツートを取り消したところで、その内容や証拠は拡散されている。

 2月2日の午前10時頃には「元気出ました」「またこうやって落ち込むときもあるんだろうけど、みんなのコメント思い出して元気出します」などと、回復をアピールした葵。決意のツイートにより、ジャニヲタの襲来は終わるのだろうか?文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する