角居勝彦調教師が調教の要諦を解説

写真拡大

 正月競馬も一段落、今週からは、それぞれの目標に向けて、毎日の地道な調教の積み重ねが問われる。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、調教で欠かせない大事なことについて、お届けする。

 * * *
 レースが本番で調教は練習。他のスポーツに置き換えると、調教にはそんなイメージがあるのかもしれません。練習は厳しい。「練習で苦しめば試合はラク」というスポーツの精神性もありますが、競馬の場合は少し違います。

 調教の要諦は「走らせすぎない」です。端的にいえば、競走馬に必要な能力は真っすぐに速く走ることだけ。これさえ磨けば競馬では必ず勝ち負けに持ち込めます。

 しかし、調教で「真っすぐ、速く」を許しすぎると、馬は暴走してしまう。すると足が壊れてくる。疲労から骨折したり、腫れて痛みが出るエビ(屈腱炎)になったりするわけです。

 暴走する原因はストレス。鞍をつけて人が乗ることが馬にとっては負担です。放牧地では骨折するまで走ることはありません。

 人が乗るストレスから逃れたい。だから走る。前にも触れましたが、馬は走ると気持ちが落ち着くのです。「鞍上が満足するように速く走れば、早く調教が終わる」と感じているかもしれません。

 調教コースがストレスに拍車をかけます。朝、一斉に馬が出てくるので慌ただしい。競馬に使われる馬がイライラしていたとすると、ネガティブな雰囲気を吸収してしまうこともあります。

 そこで調教師は鞍上にスピードコントロールの指示を出します。時間を区切ってケガの危険性を少なくすることが調教の大前提。そこから、馬に合わせた調教メニューを考えます。

 追い切りの方法も以前と今では違います。たとえば併せ馬。以前は、先行馬の外側から能力の高い馬が追い抜くパターン。しかし藤沢(和雄)先生が固定観念を覆してから調教理論がより進化して、先行するのが強い馬になった。能力の高い馬を、若駒や課題のある馬が追いかける。追う馬にとっては初期の調教が多く、強い馬を目標にさせるわけです。走り方からスピードまで、模倣させる意味もあります。

 馬は先行馬に追いついて抜きたいから、単走よりも強い調教になる。その本能を刺激します。しかし、力のある馬はなかなか抜けるものではない。「かなわないな」と諦めさせてはいけません。

 そこで工夫が要ります。

 三頭併せのとき、先行した強い馬を大外に走らせ、追いかける二馬を内側に入れる。巧くコーナーを立ち回れば抜けるはずです。

 強い馬の立場になれば、後進には負けられない。コースハンデがあっても抜かれないように頑張る。そういうことを教えるのです。競馬新聞にある調教欄では、細かい事情は分かりません。朝の調教コースには、時計には現われない機微があります。

●すみい・かつひこ:1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後15年で中央GI勝利数23は歴代3位、現役では2位。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、トールポピー、エピファネイア、ラキシス、サンビスタなど。

※週刊ポスト2017年2月3日号