東芝の志賀重範会長が退任へ 米原発事業の巨額損失で引責

ざっくり言うと

  • 東芝の志賀重範会長が、米原発事業の巨額損失の責任を取り退任する
  • 志賀会長は、損失原因の米原発子会社WHの社長を務めたこともある
  • 社外取締役で構成する指名委員会が、近く決定するとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x