ええっ!ストレスが原因でワキガになるってホント!?

写真拡大

人間には自律神経というものが備わっています。これは心臓を動かしたり、交感神経や副交感神経を動かしたりして活動したり眠ったりすることを司っている大切な部分です。

この自律神経が乱れることによりワキガになると言われています。その自律神経を乱す最大の原因はストレスだと言われています。ですからストレスがワキガの原因になるともされているのです。

ホルモンバランスはワキガに関係大

自律神経のバランスが乱れると、ホルモンバランスも乱れます。するとアポクリン腺というワキガ体質の人が多く持っているニオイのある汗を出す腺を刺激し、ワキガ臭がでます。

強いストレスによって軽度のワキガ体質の人でもアポクリン腺から出る発汗量が多くなるので、ワキガ臭が強くなり、ワキガが酷くなったと言われるのです。

もともとワキガでない人でもアポクリン腺が敏感に反応することでワキガになったと思う人も大勢います。ですからストレスがワキガの原因になると言っても過言ではないでしょう。

汗をかくともっと敏感になってしまう

汗をかくともっとワキガ臭が強くなったと感じて敏感になり、それがまたストレスになります。するとまたアポクリン腺が刺激され、結果的にまたワキガ臭が強まります。

ストレスをためないことが一番ですが、汗をかくことは普通のことなんだと思うことが一番でしょう。

ストレス解消法を見つけること

ではどうすればワキガ臭やワキガにならずに済むのでしょうか。それはストレス解消法を自分なりに見つけることです。ストレス解消法はその人それぞれによって異なりますから、けっこう難しいことかもしれません。

他人にとってはそれでストレスが解消しても、自分に当てはまらないケースもあります。ですから自分なりのストレスを改善できそうな手段を考えてみましょう。

ワキガ臭が強くなっても気にしない

ワキガ臭を気にするなと言っても気にしないことができないのはやはり女性でしょう。男性でも気になるという人は大勢いますから、その場合は通販などでも販売されているデオドラント商品を試してみるとよいでしょう。

市販で販売されているものでも構いません。柿渋などは体臭にも有効であることが分かっているので、そのような石鹸で体を念入りに洗うことも良いかもしれませんね。柿渋でできた石鹸は手軽に市販で手に入れることができますから、まずはそれから試してみるとよいでしょう。もしそれもダメならデオドラントアイテムで自分に合ったものを探したり、ネットのランキングサイトをチェックしてみるのも良いでしょう。