■JRAのプリンセス、藤田菜七子インタビュー前編

 2016年、中央競馬から16年ぶりにデビューした女性騎手、藤田菜七子。3月のデビュー以来、常にその一挙手一投足に注目が集まった。ファーストシーズンは中央競馬での6勝に加え、地方競馬でも8勝を挙げ合計14勝の成績を残した。1年目の騎乗を終えて、藤田騎手は自身をどのように振り返り、評価するのか。そして、2年目のシーズンが始まり、何を思うのか。その心境を聞いた。

――まず、月並みですが、昨年3月にデビューをして約10ヶ月。藤田騎手としては、この間をどう感じていますか?

「あっという間、というのが率直な感想です。毎日毎日やること、覚えることが多くて、それをこなしているうちに、気がついたら最初のシーズンが終わっていた。本当に早かったなという感じです」

――デビュー1年目、自己採点すると何点ですか?

「うーん(少し考えて)、100点満点で40点ぐらいですね。60点減点での40点ではなく、自分がデビュー前に思っていたうちの4割ぐらいできたかな、という意味での40点です」

――その4割というのは?

「まず、1年通してケガなく乗り切れた、という点ですね。ケガをしてしまっては、元も子もなくなってしまいます。そういった意味では、まずは1年間しっかり乗ることができたことは評価したいです。もちろん、乗せてくれた調教師さんや馬主さんあってのことですから、そこは感謝しきれません。
 
 ただ、なかなか思うようにできなかった、難しいなという思いも強いですね。そういった意味では40点が自己評価の上限です」

――自己採点は厳しいですが、シーズン通して楽しかった、よかった思い出はありますか。

「やっぱり、勝てたレースになりますかね。(中央での)6勝全部が印象に残っています」

――その中でも、一番印象に残っているのはどのレースになりますか?

「中央で1番最初に勝たせていただいた、福島でのレース(2016年4月10日/福島第9レース、4歳以上500万下、サニーデイズ)ですね」

――ゴール前から場内、拍手と大歓声でしたが、あれは聞こえていましたか?

「はい。とてもよく聞こえていました。デビュー戦(3月5日/中山第3レース)で2着のときもゴール前で伸びたときにすごい歓声が聞こえましたけど、やはり先頭に立った分、それよりもずっと聞こえました。なかなかこういったことはないので、とてもありがたいです」

――個人的には、中央でのデビュー戦に騎乗して2着になって、その後、勝ち星をプレゼントしてくれたネイチャーポイントとのコンビは、藤田騎手の昨シーズンを象徴するひとつかなと思うのですが。

「あの馬は自厩舎(根本康弘厩舎)の馬なので、調教もずっと乗らせてもらっていました。2着になったデビュー戦のあと、少しゲートでの駐立(ちゅうりつ)が悪くなってしまったんです。そこを改善するために、毎日毎日、雨の日もゲート練習に厩務員さんも一緒に行って、練習してきたんです。

 その成果もあったのか、コンビ3戦目のレースではゲートでも悪いことをしなかったですし、それで勝てたのはすごくうれしかったですね。レースにだけ乗って勝ったのではなく、追い切りにも何度も乗っていたので思い入れもありました。クセも事前に把握できていたので、競馬のイメージもしやすかったのもあります。ただ、勝てる騎手というのは、そういった機会がなくても、いきなり結果を出しますから、早くそうならないと、とは思っています」

――やっぱりレースはイメージどおりに、いかないものですか?

「もちろん競馬学校にいた頃から、簡単ではない、甘くないと頭ではわかっていました。ですが、実際にやってみると、それ以上に難しく、改めてすごい仕事だと実感しました。勝つジョッキーはすごいです」

――「勝つジョッキー」のすごさって、藤田騎手から見ると、どういう部分ですか?

「競馬は"馬"が走るので、強い馬が勝つのは当然ですけど、それだけではなく、スタートであったり、コース取り、位置取り、仕掛ける位置で結果も変わってきます。こういった点を自在にコントロールできるのが勝てる騎手だと思うんです。これがやはり難しいな、と」

――そういった騎手たちと一緒にレースをすることで吸収できたこと、自分に取り入れたこともあったと思いますが。

「なかなか簡単にはできないし、具体的にこれ、というものはないですが......。必要だと思ったことは人に聞きました。どの先輩方も親切に教えてくださるので。まだ、できていないことの方が多いですけど、知識というか、いろいろなケースでの"引き出し"はデビュー前よりも増えたと思います」

――あとはその増やした引き出しをどう活かすかですね。

「はい。必要な引き出しを咄嗟(とっさ)に判別して、すぐに開け閉めできればいいのですが、これも簡単なことじゃありません。頭ではわかっていても、それに対応する自分のフィジカルが十分か、馬によっても違ってきますし」

――しかも、騎乗が完璧にうまくいったからといって、必ずしも勝てるとも限らない......。

「まだ、『完璧に乗れた!』というのは今までに一度もないので......」

――そんな中でも、中央で6勝、地方で8勝を挙げることができました。

「自分では全然足りない数字だと思っていますし、もっともっと勝てたレースがあったと思います。何勝できれば満足できたかとか、そういった具体的な数は特に決めてはいませんでしたが、同期もみんなもっと勝っているわけですから(※)、負けないぐらいに頑張らないと。このくらいの勝ち鞍で満足はできません」
※2016年デビュー組では木幡巧也騎手が45勝、坂井瑠星騎手が25勝と勝ち星を量産した

――デビューして、そんなに時間を置かずに初勝利できて、その後もリズムよく勝てていたと思いますが、夏から秋にかけて、ちょっと勝てない時期がありました。

「そうですね。その時期は少し考えすぎて乗っていた、というのは周りから言われました」

――それでも、シーズン最後の週末12月24日に、今年を締めくくるような6勝目を挙げましたね。

「馬がしっかりと最後まで伸びてくれて、頑張ってくれたおかげです。馬に勝たせてもらったレースでした」

――今、藤田騎手が新たに取り組んでいることはありますか?

「以前からもそうでしたが、今はより多く、たくさん競馬(のリプレイビデオ)を見るようにはしています。今はまず、たくさん見ることが、さっきの引き出しの話にもつながってくるのかなと」

――競馬学校では気づかなかったけど、デビューしてから気づいたことはありますか?

「うーん...。たとえば、競馬学校での模擬レースはだいたい6頭、多いときでも8頭立てですが、実際の競馬では倍以上の16頭だったり、18頭だったりします。6頭だったら残り5頭だけがライバルですが、16頭立てでは、ライバルの数が単純に3倍になり、15頭の馬と15人の騎手の動きを全部把握しないといけませんし、スペースもそれだけ密集します。当然、レース中でも考えることが多くなりますね」

――実際にデビューしてから、この騎手がすごいな、自分がやろうとしていることを体現できているな、という騎手はいましたか?

「横山典弘騎手がすごいなと思います。今まで逃げていた馬を控えさせたり、逆に控える馬を逃げさせたり、それで結果も出している。"型"にとらわれないのもすごいですし、勝ち方もすごく格好いいなと思います。まだ、きちんとお話はしたことがないんですけど(苦笑)」

(つづく)

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu