法務省が永住権取得基準の緩和を検討 最短1年の居住で可能に

ざっくり言うと

  • 法務省は17日、永住権取得基準の緩和を年度内にも実施する検討に入った
  • 高い能力を持つ外国人を対象に「最短1年」の居住で、永住権の取得が可能
  • 18日から意見公募を開始し、反対意見が少なければ省令などの改正作業に入る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング