「I’m マギー」より

写真拡大

 1月13日発売の写真週刊誌『フライデー』(講談社)で報じられた、モデルのマギー(24)とHi‐STANDARD・横山健(47)の不倫スキャンダルが波紋を広げている。ここ最近は芸能マスコミの間で「不倫スクープ合戦」が過熱し、ワイドショーでも定番の人気ネタとなっているが、なぜか大手メディアは後追い報道をせずに沈黙。「なかったこと」として扱われる異常事態に疑問の声が噴出している。

■大手メディアに圧力?マギーの不倫・三角関係スキャンダルを黙殺

『フライデー』によると、二人はマギーがMCを務める音楽番組で共演したことで知り合い、横山からの猛アタックによって昨年8月ごろから親密関係に発展。マギーの自宅マンションや車中で秘密のデートを重ねているという。横山は既婚者で2児の父であることを公表しており、親密交際が事実なられっきとした不倫だ。

 マギーはORANGE RANGEのボーカル・YAMATO(33)との熱愛を報じられており、横山との交際期間が重なった時期もあったというが、マギーは横山を選んで昨年10月ごろにYAMATOに別れを告げたようだ。

 有名人同士の不倫に三角関係というドロドロ展開はワイドショーやスポーツ紙の大好物。マギーが「第二のベッキー」となる危険性もあった。ところが、この一件は大手メディアで一斉にスルーされ、当事者のマギーや横山も沈黙。「なかったこと」として沈静化しそうな気配になっている。

「マギーの所属事務所は非常に“圧力”が強いことで知られ、のん(能年玲奈・23)が同事務所からの独立騒動で干されたことも記憶に新しい。今回の一件でも大手メディアは『触らぬ神に祟りなし』といった状況になっています。新垣結衣(28)ら人気タレントを数多く抱えており、芸能界のドンと呼ばれる人物とも縁が深い事務所であるため、メディアを完全にコントロールして不倫スキャンダルを封殺してしまった。第一報を報じた『フライデー』ですらタイトルに不倫とは直接書かずに『禁じられた愛』とぼやかしており、事務所パワーの強大さが感じられます」(芸能関係者)

 事実無根であれば即座に否定すべきだが、前述のようにマギーも横山も沈黙。後追い報道の心配がなくなったことで、嵐が過ぎ去るのを待っているかのような状況になっている。

■ネット大炎上…メディア操作しても消えない「第二のベッキー」の危険性

 だが、この状況にネット上では疑問の声が噴出。ロンドンブーツ1号2号の田村淳(43)は13日付の自身のTwitterで「ベッキーは不倫、マギーは熱愛…なんでだろ?」と発言し、多数の賛同を集めた。

 さらに、沈黙を続けるマギーのTwitterアカウントに批判が殺到。「何も言わずに逃げんの?」「不倫最低。健さんの奥さんと子どもが可哀想」「不愉快です、テレビから消えてください」「真面目な人だと思ってたのにショック」「報道後も普通に『ヒルナンデス』に出てる神経を疑う」「相手に子供いるんだからベッキーより悪質だよ」といった非難のコメントで現在も炎上状態になっている。

 同時に横山のTwitterも「ガッカリしました」「どんな顔して奥さんと子供に会ってるの」「結局はあなたもミーハーだったんだね」「不倫してダンマリってダサすぎ」などと炎上を続けている。だがベッキー(32)の件と同様に男性側よりも女性側、つまりはマギーに対する批判が圧倒的に多いようだ。騒動を黙殺した大手メディアとは対照的にネット上の騒ぎは収まりそうにない状況となっている。

「不自然に大手メディアを黙らせたことで余計に世論の反発を招き、ネット炎上が拡大してしまっているようです。もし批判的なネットユーザーがスポンサーに抗議すればテレビ局も無視できず、マギーはベッキーと同様にレギュラー降板などの大打撃を食らう危険性がある。お相手がカリスマ的なロックミュージシャンで熱狂的なファンが多いだけに過激化が危惧され、マギーの命運は非常に危うい状況にあるといえます」(前出・芸能関係者)

 いくらメディアを操作してもネット炎上まではコントロールできない。このまま「なかったこと」として切り抜けるのか、手痛い「不倫の代償」を支払うことになるのか、マギーは芸能生命を左右する正念場を迎えそうだ。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。