配偶者控除が103万円から150万円の壁へ デメリットはある?

ざっくり言うと

  • 配偶者控除の対象が103万円から150万円へ上がるデメリットを伝えている
  • 103万円未満には支給される「家族手当」が受けられなくなるという
  • また、106万円を超えると社会保険の加入も義務付けられるとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング