今年も東西の金杯で幕を開けた中央競馬。昨年は16年ぶりの生え抜き女性騎手のデビューや、海外ビッグレースの馬券発売など、コアな競馬ファン以外にもインパクトを与える話題が続き、1年を通した盛り上がりに大きく貢献した。続く2017年も、この勢いに乗りたいところだ。すでに発表されている新設、変更点として、大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)とホープフルステークス(※申請中、12月28日/中山・芝2000m)のGIIからGIへの昇格、有馬記念終了後の12月28日の開催、地方競馬の祭典JBCと中央競馬の同日開催(11月3日)など、特にレースの格付けや開催日程に関連したものが多い。

 ところが、これらの施策に関しては、諸手を挙げて歓迎という声ばかりではなく、むしろ懐疑的な意見も聞こえてくるのが現状だ。

 まず、大阪杯のGI昇格について触れる。これまで、秋シーズンは天皇賞・秋(東京・芝2000m)、ジャパンカップ(東京・芝2400m)、有馬記念(中山・芝2500m)と、古馬の芝2000〜2500mカテゴリーのGIが3つあるのに対し、春シーズンは6月の宝塚記念(阪神・芝2200m)までGI競走が行なわれない。そのため、古馬の一線級は長距離の天皇賞・春(京都・芝3200m)を目指すか、あるいはドバイシーマクラシック(メイダン・芝2410m)、ドバイターフ(メイダン・芝1800m)や香港のクイーンエリザベス2世カップ(シャティン・芝2000m)などの海外の中距離競走に活路を見出すほかなかった。そういった意味では待望された中距離GIであり、有力馬の国外への流出を防ぐ効果も狙ったものだった。しかし、今や各国とも大レースのスケジュールはグローバルな基準で考えられており、その流れには逆行するものでもある。

「戦略的に春に中距離のGIを作ることは必要だったのですが、ちょっと拙速に進めすぎた感はありますね」

 日本経済新聞社の野元賢一記者はそう分析する。

「もともと2007年に国際セリ名簿基準委員会の定めるパートI国に日本が昇格するまでは、GI競走を自由に作ることができました。その最後に作られたものがヴィクトリアマイルです。これは突然その時期にできたGI競走ですが、1600mという点に若干問題はあったものの、戦略に需要と供給が一致し、さらに全体のバランスも損なうことなく収めることができました。しかし、パートI国に昇格後はGI競走を自由に作ることができず、既存の競走で好メンバーを集め、そのレースにおいて3年間で一定以上のレーティング(※1)を獲得することが必要となりました。
※1 年間レースレーティング。個々のレースにおける上位4頭のレーティングを年度末のランキング会議で決定した数値に置き換えて、算出した平均値

 そんな状況下で、春に2000m路線のGIの設置が急務とされたとき、すぐに手をつけやすかったのが、毎年好メンバーが揃う大阪杯だったんですね。ですが、芝2000mの大阪杯がGIに昇格するということは、同じ阪神競馬場で行なわれる芝2200mの宝塚記念と似た性格の競走が3カ月足らずの近い間隔で並ぶことになります。こうした面や近隣他国の既存競走との連携も考えると、もう少し全体的なことを考えた大きな議論も必要だったのではないでしょうか」

 さらに、昨年のレースレーティングが110.5で、3年連続で条件を満たしたため、GI昇格が確実となったホープフルSについても苦笑まじりに疑問を投げかける。


「正直『そんなに簡単にできるの?』と思っていましたが、なってしまいましたね。ホープフルSが2014年に重賞となったこと自体がGI昇格を見越してのもので、それは朝日杯フューチュリティステークスが中山から阪神に移設されたことへの補填でした。回数もそれまで阪神で行なわれていたラジオNIKKEI杯を継承する形です。しかし、継承元とは明らかにレースの質が違い、いまだにオープン特別だった当時とそれほど変わったという印象がありません。

 確かに、レイデオロ(2016年ホープフルS勝ち馬)に114をつけたハンデキャッパーの考え方も理解はできます。ただ、2、3着馬のレーティングが、そこからの着差で算出されるので、2着マイネルスフェーンが重賞2勝のブレスジャーニーと同じ111になってしまう。俯瞰で見るとやはり昇格ありきなのかなという印象を禁じえません」

 実はホープフルSの問題の裏には、12月28日の開催の事情も絡んでいるのだという。ファンにとっても、1年の締めくくりとなるドリームレース、有馬記念の後にまたGIレース開催というのは、なんとも違和感があるところだ。

「もともとは『28日に有馬記念を』というのが、JRAが馬主団体などから受けていた要望でした。それはできない中での妥協案として、ここに落ち着いたのではないかと思います。

 私個人としては、何もない年末の平日に有馬記念というのは論外ですし、28日の開催自体にも反対です。カレンダーによっては直前の週末から連闘で出走もできてしまいます。そうなると、開催事務的に前の週末とは別もので、この1日のために出馬登録も必要ですし、競馬新聞も、競馬週刊誌も作らねばなりません。厩舎スタッフの労働問題にもなります。以前、有馬記念の翌日に開催したこともありましたが、その時はこういった手間もなく、また連続性もあったので結果的にいい数字で終わることができたのです。

 もうひとつ、金杯の1月5日は別として、JRAは休日レジャーのイメージを損なわないために、週末での開催に特化してきた、という歴史的背景もあります。そこをひっくり返すほどの意味が見出せません。

 こういった問題は、仕込みの段階でJRAが気づかないはずがない。でもあえて問題としなかったあたりに、本気で馬主団体の要望を止める気概が感じられない、今の組織の限界を感じました」

 一方で、11月3日のJBCと中央競馬の同日開催については、さほどの否定的な見解はなかった。

「この11月3日の同日開催は、中央競馬と地方競馬の協調路線の流れの一環です。これも例の12月28日開催と関連しますが、JRAの開催が28日の地方競馬や翌29日の東京大賞典(※2)に少なからず影響を与えると思われます。そのダメージ緩和策のひとつでしょう。
※2 大井競馬場で行なわれるダート競馬を締めくくる総決算的なレース

 以前にも、02年のJBC当日にJRAは福島競馬を開催しました。この日の福島競馬は重賞開催がないのにも関わらず、この年のベスト3に入る売り上げを記録しました。さらにそれだけでなく、12の中央競馬の施設の窓口でJBCの馬券も発売したところ、JBC2競走だけで5億5000万円以上の売り上げがありました」

 今年の11月3日は、今や地方競馬にとって頼みの綱でもあるJRAでのネット販売網・PATによる地方競馬発売が、本来ならできない金曜日。そこにJRAの開催を重ねることで、これをクリアし、PAT効果を期待するというところだろう。

「実際には、こればっかりはふたを開けてみないとわかりません。このPAT効果も、そもそもの競馬全体の売り上げの上昇も、そろそろ頭打ちになってもおかしくない。仮にいい数字になったとしても、無防備に諸手を挙げて喜ぶのではなく、きちんとした検証は今後、必要になっていくと思います」
 
 課題の多い2017年の競馬開催。ファンもJRAも笑顔で終わることができるだろうか。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu