調教師の角居勝彦氏

写真拡大

 2歳馬の中距離戦線チャンピオンを決めるホープフルステークスは、来年GI化の動きがあり、年内最後のGIとして平日開催になる見込みだ。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、平日開催のGIについて、思うところをお届けする。

 * * *
 2歳馬の中距離戦線チャンピオンを決め、来年にもつながる重要な位置づけですが、いささかややこしいところもあります。

「ラジオNIKKEI杯2歳S」(GII)といわれていたこのレースは、かつて阪神競馬場で行なわれていました。GIである朝日杯フューチュリティSが中山のマイル戦だったこともあり、クラシックを狙う関西馬が挑んできたレースです。これが2014年からホープフルSになり、舞台も阪神から中山へ。その際、もともとは有馬記念当日に行なわれていた2歳オープンの名称を冠したわけです。

 前身の阪神開催のときには、そうそうたるメンバーが勝っています。タヤスツヨシ、アドマイヤベガ、ロジユニヴァース、角居厩舎では2009年のヴィクトワールピサ。数多くの名馬を輩出しています。

 中山に移ってからはまだ2年ですが、どうしてもオープン特別という印象が拭えません。この時期、関西の陣営からすれば、中山の馬場が悪くなっていく時期に出かけたくはない。

 とはいえ中山の2歳オープン時代、角居厩舎はエキゾーストノート(2004年、安藤勝己騎乗)で勝っています。デビューから2戦乗ってもらった鞍上を確保できたこともあって東のオープンを使ったのですが、その後はクラシック戦線には乗れず、最後は障害に転向。ホープフルSが平地での最後の勝利でした。

 この年のラジオたんぱ杯覇者はヴァーミリアン。クラシック戦線では結果を出せませんでしたが、ダートに戦場を移してからはJCダート、フェブラリーSを制覇、地方交流も含めてGI9勝という素晴らしい成績を残しました。開業間もない角居厩舎としては、この段階で強い馬にぶつけたくはなかったというのがありました(ちなみにこの世代のクラシックはディープインパクトが3冠を制覇したが、2004年12月19日に新馬を勝ったばかり)。

 たしかに、2000メートルの2歳重賞を、皐月賞が行なわれる中山競馬場でという論理はわかります。しかし、クラシックを狙う馬にとって、中山を経験させるというなら、明けて3月の弥生賞でも間に合うと考えています。

 2歳中距離のチャンピオンを決する、という位置付けにも違和感があります。朝日杯FSで1600メートルのチャンピオン、ホープフルで2000メートルのチャンピオンを決める。その意義がどこまで深いのか? では2歳牡馬の年度代表はどうするのか? などと思っているファンは少なくないのではないでしょうか。

 批判的なことばかりを連ねましたが、有力2歳馬が多い今年の角居厩舎にとっては、使い分けできる妙味があります。11月に京都の新馬戦(芝1800メートル)を快勝したグローブシアター。昨年クラシック戦線に乗りながら、無念の涙を飲み、故障で引退を余儀なくされたリオンディーズの弟で、兄同様2戦目でのタイトル奪取を狙っています。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後15年で中央GI勝利数23は歴代2位、現役では1位タイ(2016年12月11日終了時点)。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイア、サンビスタなど。

※週刊ポスト2017年1月1・6日号