【ダービージョッキー】
■大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 早いもので、今年ももう有馬記念(12月25日/中山・芝2500m)ですね。

 日本ダービーが"ホースマンの夢"であり、競馬関係者にとって最大の目標レースなら、有馬記念はファンにとって1年の"総決算"となるレースであり、馬券を買う人も、買わない人もみんなが注目する、世間一般の師走の風物詩と言えます。

 今年はGI馬が5頭のみ。うち2頭が牝馬と、全体的なレベルはそれほど高くはありません。それでも、3歳時に菊花賞を制し、今年も天皇賞・春(5月1日/京都・芝3200m)とジャパンカップ(11月27日/東京・芝2400m)を勝って、「現役最強」と目されているキタサンブラック(牡4歳)に、「ハイレベル」と言われた今年の3歳世代からも、皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)3着、ダービー(5月29日/東京・芝2400m)2着、菊花賞(10月23日/京都・芝3000m)優勝と、世代トップクラスの成績を残したサトノダイヤモンド(牡3歳)が参戦。この"両雄"の対決が大きな話題となっています。

 僕自身、この有馬記念は非常に楽しみにしていました。それは、サトノダイヤモンドが出走してくるからです。

 世間で言われているとおり、今年の3歳世代は本当にレベルが高かったと思います。昨年の世代も、ドゥラメンテを筆頭に、リアルスティール、サトノクラウン、そしてキタサンブラックと、相当高いレベルだったと思いますが、実際はドゥラメンテが1頭、少し抜けた存在でした。それに比べて今年の世代は、そのドゥラメンテ級の馬が複数存在しているイメージがあります。

 今春、クラシックの前哨戦となる弥生賞のレース後、エアスピネルの手綱を取っていた武豊騎手が、「不思議な感覚」とコメントしていましたが、今年の3歳世代の強さは、その言葉にすべて集約されていると思います。

 数々の名馬の背中を知る名手ゆえ、武豊騎手はエアスピネルの背中にも「GIを勝てるだけのモノ」を感じていたのでしょう。そして、弥生賞でも普通の年であれば、楽勝している走りができた、という手応えだったと思います。しかしながら、その前に2頭の馬が存在していた――。

 それは名手にとって、まさしく"不思議な感覚"だったと思いますが、その名手の感覚こそ、この世代のレベルの高さを物語っています。そういう意味では、エアスピネルも他の年に生まれていれば、三冠馬になっていたかもしれませんね。

 事実、武豊騎手の感触どおり、とてもハイレベルな戦いとなった今年のクラシック。皐月賞も、ダービーも、上位入線の5頭は同じ顔ぶれで、そのうち上位3頭も一緒でした。その中の1頭であるサトノダイヤモンドは、それだけでも注目に値します。

 しかも、僕個人としては「世代ナンバー1」だとずっと思っていた馬でもあり、今年のみならず、来年以降の飛躍を本当に楽しみにしている存在です。もしここで、キタサンブラックを破ることができれば、それこそ世代を超えた王者となり、現役馬の頂点に君臨する馬になれると思っています。

 対するキタサンブラック。実績では、間違いなくナンバー1と言えるでしょう。ただ、勝ったレースはいつも恵まれた展開になっているように見えて、どうしても「強い」と感じたことがないんです。それが、この馬の強さなのでしょうが......。

 ともあれ、前走のジャパンカップは、さすがに恵まれていたと思います。1000m通過が61秒7と、世界的な高額賞金レースとしては、考えられないような緩いペースでした。そしてそのまま、他の陣営が金縛りにでもあったかのように動かず、淡々と最後の直線を迎えて、キタサンブラックがまんまと逃げ切ってしまいました。

 そういう競馬に持ち込んだ武豊騎手の技術もあると思いますが、ジャパンカップですからねぇ、もう少しハードなレース展開になってもいいと思うのですが......。外国馬の参戦が少なかったことも影響したのでしょうか。

 しかし今回は、ハナを主張しそうな馬が他にも存在し、昨年の覇者ゴールドアクター(牡5歳)も、昨年と同じイメージで積極的な競馬を仕掛けてくるでしょう。今度はかなり厳しい競馬を強いられると思います。

 とすれば、ここがキタサンブラックの試金石になると、僕は思っています。それでもあっさり勝ってしまうようなら、脱帽するしかありません。

 それにしても、また1枠1番を引くとはすごいですね。枠順抽選会も盛り上がっていましたが、キタサンブラックのその"強運"に、まずは脱帽しました。

 さて、このレースの「ヒモ穴馬」ですが、好成績を残してもいつも人気にならないサウンズオブアース(牡5歳)を、ジャパンカップに続いて取り上げたいと思います。

 その前走のジャパンカップでは、5番人気で2着。昨年の有馬記念でも5番人気で2着でした。さらに、3歳時の菊花賞でも4番人気で2着という結果を残していますが、おそらく今回も4、5番人気なのではないでしょうか。そうした実績を挙げながら、成績よりも人気にならないのは、やはり勝ち切れないイメージがあるからだと思います。

 現に、これほど重賞で好走していながら、まだ2勝馬ですからね。かつて「シルバーコレクター」と言われたステイゴールドでさえ、そう呼ばれるまでに3勝はしていました。本来、5歳で2勝馬というと500万条件をイメージしますから、サウンズオブアースはかなり稀(まれ)な存在と言えます。

 勝ち切れない理由はいろいろとあると思います。ステイゴールドの場合は、気が悪くて最後にモタれて、それで負けていましたね。確か、並びかけた相手に噛みつきにいったこともありましたよね。

 サウンズオブアースの場合は、そんな雰囲気はなく、常に一生懸命走っているように見えます。それでいて勝ち切れないのは、展開など"運"に見放されてきた部分もありますが、勝ち切るまでの最後の決め手がないことは明らか。しかし、中山・芝2500mの舞台は、その決め手で劣るところを補えるコースだと思います。

 実際にはまだ勝っていませんが、日経賞、有馬記念と、過去にこの舞台で走ったときのサウンズオブアースが、最も惜しい競馬をしていました。言い方は悪いのですが、この舞台は"ごまかしの利く"コースです。だから、ときに大波乱が起こるんですよね。

 サトノダイヤモンドを負かすのは、並大抵のことではないと思いますが、波乱を起こす可能性を、サウンズオブアースは秘めています。今年最後の大一番に、その一発を期待するのも悪くないでしょう。

大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro