■2016クリスマス決戦、有馬記念(3)

 12月25日に開催される有馬記念(中山・芝2500m)。同レースは、長い間「牝馬が勝てないレース」と言われてきた。

 事実、1971年に"女傑"と呼ばれたトウメイが勝って以降、実に37年もの間、牝馬が勝ち馬になることはなかった。

 その壁を破ったのは、2008年のダイワスカーレット。牝馬として、37年ぶりに勝ち星を挙げた。さらに一昨年には、ジェンティルドンナが強力牡馬を一蹴して快勝。ここ10年の有馬記念では、ずっと勝てなかった牝馬が2頭も勝って、他にもブエナビスタが2年連続で2着に入線(2009年、2010年)。計3頭、都合5回の連対を果たしている(2007年にダイワスカーレットが2着)

 有馬記念で「牝馬は勝てない」とか、「馬券に牝馬はいらない」というジンクスは、もはや完全に過去のものになったと言っていい。

 そして今年も、牡馬勢を蹴散らして上位に食い込んでもおかしくない牝馬が3頭、出走を予定している。

 なかでも注目は、ファン投票最上位(全体の5位)のマリアライト(牝5歳)だろう。

 ここまでGI2勝。特に圧巻だったのは、今年上半期のグランプリ、宝塚記念(6月26日/阪神・芝2200m)の勝利だ。昨年のダービー馬で、凱旋門賞出走も予定していたドゥラメンテ(※)の追撃を見事に振り切った。その強さは、まだ記憶に新しい。
※宝塚記念のレース後、故障して引退。

 同レースには、この秋のジャパンカップ(11月27日/東京・芝2400m)を制し、現時点で「現役最強」と言われるキタサンブラック(牡4歳)も出走していたが、これも3着に退けている。

 それほどの実績を持ちながら、有馬記念に臨むマリアライトへの評価が高まる気配はない。

 やはりこの秋の2戦、オールカマー(9月25日/中山・芝2200m)、エリザベス女王杯(11月13日/京都・芝2200m)で、それぞれ5着、6着に敗れ、立て続けに人気を裏切っているせいだろう。一部の関係者やファンの間からは、「もうピークはすぎた」との声も聞こえてくる。

 とはいえ、このように「ピークはすぎた」とか、「もう終わった」とか、まことしやかに囁かれてきた馬が、そうした下馬評を「なにくそ」とばかりに覆(くつがえ)してみせるのが、有馬記念というレースだ。

 一昨年のジェンティルドンナがいい例だ。

 秋のGI戦線において、天皇賞・秋は2着と惜敗。ライアン・ムーア騎手が騎乗して3連覇を狙ったジャパンカップでも、1番人気に支持されながら、馬券圏外の4着に沈んだ。さすがに「もう終わった......」との声が漏れるようになったが、4番人気と評価を落とした有馬記念で復活V。自らの引退レースを劇的な勝利で飾った。

 この秋、似たような経緯をたどるマリアライトが、ジェンティルドンナと同様の復活劇を再現しても不思議ではない。

 また、関東の競馬関係者がこんな証言をしている。

「マリアライトの陣営は、オールカマーのときから『この秋のピークは有馬記念』と話していました。昨年は4着でしたが、大外枠からの発走。そのため、道中は外、外を回って、勝負どころでもゴールドシップに外からかぶされたため、早めに動かざるを得なかった。それでいて、勝ったゴールドアクターとはコンマ1秒差。この結果から、陣営はマリアライトの、有馬記念というレースに対する適性の高さを察して、相当な自信を得たようです」

 オールカマー→エリザベス女王杯→有馬記念という、やや変則的なローテーションも、最大目標を有馬記念に据えてきたからだろう。これでもし、陣営の思惑どおり、有馬記念に向けてマリアライトがピークに仕上がってくるとすれば、今度は怖い。いや、今度こそ怖い。

 前走のエリザベス女王杯にしても、鞍上の蛯名正義騎手が「落馬するかと思った」と、のちに証言したほど、1コーナーで大きな不利を受けたことが敗因。それゆえ、この敗戦は度外視できる。ならば、少なくとも「ピークはすぎた」という見方は早計と言える。

 あと、ほしいのは、ほんの少しの"運"か。

 主戦の蛯名騎手は2001年、マンハッタンカフェで初めて有馬記念を勝っているが、そのレースについて、以前こんな話をしてくれたことがある。

 勝負どころで、「前にいる馬たちが楽をしていて、『やばい、このままでは逃げ切られる』と思った」という。しかも、そこまでずっとインの経済コースを通ってきたため、外側にフタをするような馬がいて、馬群を抜け出す隙間がなかった。そこで、なお一層「やばい!? もうダメか......」と思ったそうだ。が、その瞬間、「外にいた馬がスッと"消えた"」という。そこから、蛯名騎手は一心不乱に追って、前にいた馬たちを差し切った。

 今回、マリアライトが最後に欲するのも、まさに"外の馬がスッと消えてくれる"というような幸運だ。

 有馬記念は、「ああ、やっぱり......」というレースでもある。要するに、実力馬の実力を再認識させられて、レースが終わったあと、馬券を外したファンが「ああ、やっぱり」とぼやくのだ。

「ああ、やっぱりあの馬だったか。春には、ドゥラメンテも、キタサンブラックも負かした馬だもんなぁ......」

 はたして今年のレース後も、そんなぼやき声があちらこちらから聞こえてくるだろうか。

新山藍朗●文 text by Niiyama Airo