レッドソックス在籍時の松坂大輔【写真:Getty Images】

写真拡大

米メディアがレッドソックスの21世紀ワースト契約特集、松坂に厳しい評価

 レッドソックスが21世紀に手掛けた選手契約について米メディアが「ワースト7」を選出し、松坂大輔投手との契約がワースト5位に選出されている。米メディア「ザ・チート・シート」が特集している。

 メジャー屈指の名門球団は今世紀に入り、2004年、07年、13年と3度のリーグ優勝、地区優勝、そしてワールドシリーズ制覇を成し遂げた。記事ではその一方で連覇がないことに着目。その要因の一つとして選手契約における“ミス”が影響したことを指摘し、21世紀の契約で「ワースト7」を選出している。

 不名誉なランキングで5位に挙げられたのが現在、ソフトバンクに所属する松坂だ。

 右腕は2006年オフに西武からポスティングを経てレッドソックスと契約。期間は6年で、球団は5111万1111ドル11セントの譲渡金と合わせて総額1億ドル(現在のレートで約118億円)を超える金額を右腕の獲得に投入した。

 大きな期待を受けて入団した松坂は1年目に15勝12敗、防御率4.40をマークしてワールドシリーズ制覇に貢献。日本人初の同シリーズ勝利投手にもなった。2年目も勝敗(18勝3敗)、防御率(2.90)ともに初年度を上回る成績を残したが、3年目以降は2桁勝利に届かず。トミー・ジョン手術を受けるなど負傷にも苦しみ、契約最終年の2012年は1勝7敗、防御率8.28と厳しい結果に終わった。

 今回の特集では、巨額な資金に対して「マツザカはそこまで素晴らしくなかった」と振り返り、「6年間でマツザカは50勝、防御率4.52を記録した。2007年にはワールドシリーズ制覇も果たしたが、功績はそこまでだ。彼の投球に関して最悪であった点は、1試合あたり4.3個という四球率の高さだ。打者のコンタクトを避ける練習をしているようであり、選手やファンにとっては退屈するものであった」と手厳しく評している。

 そのほか、7位にはエドガー・レンテリア内野手、6位にはフリオ・ルーゴ内野手、4位にはマット・クレメント投手、3位にはパブロ・サンドバル内野手、2位にはルスネイ・カスティーヨ外野手、1位にはカール・クロフォード外野手が選出されている。