馬vs.ゴジラ「シン・アリマ」公開

写真拡大

日本中央競馬会は12月13日、年末最後の大一番・G1有馬記念に向け、映画「シン・ゴジラ」とコラボしたスペシャルWEBコンテンツ「シン・アリマ」(https://shin-arima.jp/)を公開した。

アニメーション界の巨匠・庵野秀明がメガホンを執り、興行収入80億突破の大ヒットを記録している映画「シン・ゴジラ」。シリーズ史上最大となる体長118.5メートルのスケールはもちろん、国内シリーズ初のフルCGで描かれた「ゴジラ」の圧倒的な映像表現で、想像を超える新たな「ゴジラ」を生み出している。

今回、同作と日本中央競馬会がタッグを組み、“最強の完全生物”として登場するゴジラに“名馬アリマ”が挑むWEBコンテンツ「シン・アリマ」が誕生した。映画本編のCGを元に製作されたCGや、お馴染のBGMを用い世界観を完全再現。映画さながらの大迫力で楽しめる。

コンテンツの具体的な中身はこうだ。突如姿を現し、咆哮(ほうこう)を轟かせながら上陸したゴジラ。プレーヤーは“名馬アリマ”を操作し、上陸したゴジラの足取りを追うように、「1.河川流域防衛作戦」「2.東京都心攻撃作戦」「3.中山競馬場最終決戦」の3つのステージでミッションを遂行する。ゴジラを倒す方法はただ一つ、ゴジラの踏みつけ・熱陥(ねつえん)・熱線など四方八方から放たれる攻撃や爆風を巧みに交わしながらコース内に落ちている“血液凝固剤ボトル”を拾い集めて、最終決戦地となる中山競馬場で ゴジラを“凍結”させること。果して、名馬アリマの大激走で日本に再び平和を取り戻すことが出来るのか…!?

ミッション遂行へ向けて共に立ち上がるのは、巨災対中山支部に集まった12種類の動物たち。スピードやスタミナ、危機回避能力などのスキルアップを目指すミニゲームコンテンツで、彼らと一緒に“名馬アリマ”を訓練し、待ち受けるゴジラとの戦いに挑む。

なお、作戦を遂行すべく巨災対中山支部に集まり、名馬アリマのスキルアップをサポートしてくれる12匹の動物たちは、アニマルプラネット監修のもと性格や動きを再現。さらに各動物のキャストには、松岡禎丞、植田佳奈、洲崎綾などの人気声優陣が参加している。

◎参加声優陣 松岡禎丞(ネコ・ガゼル)
丹沢晃之(ゴリラ・ラクダ)
利根健太朗(ライオン、ゾウ)
植田佳奈(チーター・ペンギン)
洲崎綾(パンダ・アザラシ)
中原麻衣(キリン・ホッキョクグマ)