ミランの本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

 ミランの日本代表FW本田圭佑は、今シーズンを大きく左右する可能性もある大一番で久々の先発に起用されることになるのかもしれない。

 ミランは現地時間12日に、セリエA第16節の試合でローマとのアウェイゲームを戦う。両チームは同勝ち点で2位と3位に並んでおり、5連覇中の首位ユベントスへの“挑戦権“を懸けた重要な一戦だと位置づけられる。

 イタリア『スカイ』が11日に伝えたところによれば、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督はこの日の練習で、FWエムバイェ・ニアンに代えて本田を先発組にテストしていたとのことだ。これにより、ローマ戦での先発起用もあり得るとの予測が強まっている。

 モンテッラ監督はスソ、ジャンルカ・ラパドゥーラとともにニアンではなく本田を3トップの一角に起用することで、よりバランスの取れた布陣とすることを考えているのではないかとみられる。展開によってニアンを投入して攻撃の手を強めるオプションも考慮に入れているのかもしれない。

 今季は右サイドのスソが好調なことで出場機会を閉ざされていた本田だが、前節クロトーネ戦ではニアンとの交代で左サイドに途中出場し、決勝ゴールに絡む貢献を見せた。ローマとの大一番でも重要な役割を演じることができるだろうか。

text by 編集部