「逃げ恥」みたいな事実婚は損か得か?なんと扶養にも入れる

写真拡大

 こんにちは。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢です。

 ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系列で火曜22時)が大変な人気を集めていますね。原作もドラマもユニークで大好きな作品で、ドラマがもうすぐ最終回を迎えるのが寂しいです。

 ところで、作品中に出てくる「事実婚(=婚姻届を出さない)」、私も検討したことがありました。

 ドラマでは、給料の発生する主婦を雇用する「契約結婚」を実現するため、「事実婚」という形をとる、といった設定になっています。

 今回は、事実婚のメリットとデメリットを整理してみましょう。

◆メリット―嗣栄爾魄椶垢世韻任いい里粘蔽

 事実婚として認められる要件はいくつかありますが、婚姻の意思を証明するため住民票を移す(続柄の表記が「妻(未届)」や「夫(未届)」となる)方法が、わかりやすい手続きの1つでしょう(「逃げ恥」第2話でも住民票を提出するシーンが出てきます)。

 婚姻届を提出する一般的な結婚(法律婚)とは形式が異なります。

 また、同棲カップルの場合、同じ住所に住民票を移しますが、それぞれが世帯主として住民票登録することが多い(または続柄表記「同居人」として登録することも)ため、こちらともやはり違いますね。

◆メリット∪を変えなくていい

 働く女性が結婚をする時に悩むのが、結婚をすることでどちらかの姓に統一しなければならないという問題。男性の姓にそろえることが多いため、仕事で使う名前をどうするか迷う方もいるでしょう。

 姓の変更に伴う各種手続きの煩雑さもありますし、私のように個人事業主の場合、銀行口座の名義(新姓)と仕事で使う名前(旧姓)が違うため、取引先に手間をかけるのではないかと気になる瞬間もあります。旧姓で築いてきた仕事の実績がリセットされるような感覚になる人もいるでしょう。

 住民票で婚姻の意思を証明する事実婚では、戸籍上の登録変更はないため、独身時代の姓をそのまま使うことができます。

◆メリットJ未譴討睥ズ歴が残らない

 戸籍上の変更がないため、別れた場合にも離婚の記録が残らないといった特徴もあります。

 事実婚には事務手続きの省略、戸籍上の姓も変わらない(仕事と公的書類の姓の一致)、離婚の記録が残らないといったところ以外にも注目すべきポイントがあります。

◆メリット社会保険の扱いは普通の結婚と同じで「扶養」に入れる

 実は社会保険上の扱いにおいては法律婚と同等の扱いを受けることができます。社会保険上の扶養家族は生計を維持されているかという点を中心に判断します。そのため年間収入130万円未満など条件を満たす場合、事実婚でも扶養家族として手続きすることができます。健康保険料や国民年金保険料(第三号被保険者)の負担という観点だと法律婚と差がありません。

 ECサイトのプレミアムアカウントや通信会社のサービスなどにおいて、事実婚でも家族割が受けられる事例も広がっていて、法律婚との差が少なくなっている傾向も感じます。

◆デメリット…税金面では、普通の結婚より不利

 一方で税制上の手続きにおいては、事実婚だと

・所得税・住民税における配偶者控除を受けられない
・法定相続人になれない
・贈与税(婚姻期間20年以上の夫婦は住宅取得のための金銭など最大2000万円控除…etc)や相続税(1億6000万円まで非課税…etc)の配偶者控除は適用されない

 など、法律婚との違いが生まれます。

 また、健康保険証の裏面に意思表示をする臓器提供では親族を優先する考えを示すことができますが、この時の親族に事実婚の配偶者は含まれないなど、法律婚ほど家族であることを証明することがスムーズでないシーンもやはり残ります。

 フルタイムで共働きをする夫婦にとっては社会保険上の扶養家族や所得税・住民税の配偶者控除などは判断に影響を与えないかもしれませんが、贈与や相続にまつわる扱いが変わる点や、家族関係を証明することが難しかったり手間がかかったりする部分が残る点は気になるかもしれません。

 意思を明確に示した遺言書を準備するなど制度をフォローする必要があります。

 結局私の場合は、フルタイムで働くことと、旧姓をペンネームのようにして仕事をしている人の前例が多いことなどから、最終的には法律婚を選びましたが、働き方やライフスタイルによっては選択肢になり得る夫婦の形だとも感じました。

 より自分の考えや暮らし方に合った形態を選択し生きていけるとよいですね。

<TEXT/風呂内亜矢>
【風呂内 亜矢(ふろうち・あや)】
ファイナンシャルプランナー。CFP認定者、宅地建物取引士。26歳でマンションを購入したことをきっかけにお金の勉強を始める。現在はテレビ、ラジオ、雑誌等でお金に関する情報を発信している。9月に新刊『デキる女は「抜け目」ない』が発売に。
公式サイト:http://www.furouchi.com/
公式ツイッター:@furouchiaya