photo by Iseki

写真拡大

 2020年の東京五輪で追加種目に選ばれるなど、にわかに注目を集めるスポーツ「スケートボード」。その勢いは日本国内にまで波及。ファッション、デザイン業界に多彩な人材を輩出する「バンタンデザイン研究所」は来年4月、日本初のスケートボードの高校を開講する。

 スケートボードはクリエイティブなカルチャーとのつながりも深く、「Supreme」といった人気ブランドも実はスケートボードが発祥だ。一体、どのような学校になるのか。バンタンデザイン研究所の細井信宏部長に話を伺った。

――企画立案の経緯は?

細井:そもそもバンタンは今年で51年目を迎え、クリエイティブ分野に特化したスクール運営事業を行っていますが、3年前にサッカーや野球などスポーツ業界の職員やマーケティングの専門家を育成する「バンタンスポーツアカデミー」を開校しました。

 そのとき、私自身、さまざまなスポーツ業界の方とお会いしたのですが、驚いたのが、アメリカと比較して、日本のスポーツ市場規模が極端に少ないこと。

――アメリカのスポーツ産業の市場規模が60兆円ある一方、日本では5兆円とも言われていますよね。

細井:地域社会にスポーツが文化として根付いていないなど、理由はさまざまに考えられるのですが、これはビジネスとしてまだまだ可能性があるだろうと考えました。

――なぜスケートボードが選ばれたのでしょう?

細井:スケートボードにはクリエイティブなことや、新しいカルチャーを生み出す力があります。例えばスケートを始めると、デッキやスニーカーやファッションにこだわり始める。また、自分の滑っている映像をスマホで撮影、編集し、アップする人も多い。その工程で映像編集や音楽などのセンスも研ぎ澄まされるのです。

 スノーボード、スケートボード、サーフィンといった横乗り系スポーツは「3S」と呼ばれるのですが、一番安価に始められるのがスケートボード。他の2つはグッズ一式揃えるのに10万〜20万円かかり、わざわざ海や雪山に出掛けなければならない。その半面、スケートボードは1万円あれば、それなりのデッキが買えるし、ドアを開けたらすぐに遊べるなど非常に身近なスポーツなのです。

――スケートボードは学校で教えられるか?

細井:確かにスケートボードを学校で教えるというのは、なかなか思いつかないですよね。ですが、もともと日本はスポーツと高校の結びつきが強い。例えば野球なら甲子園があり、スポーツ全般でも高校総体がある。

 そもそも専門学校では、専門教育を受けたにもかかわらず、卒業後にそれが役立たなかったというケースが多い。それは実社会で求められる能力と、学校で教わることにすごくギャップが生じているから。ただ、バンタンではデザイン教育含め、講師陣すべてが現役プロ講師であることにこだわりを持っています。

 今回もプロスケーターとして活躍していて、さらにファッションブランドのデザイナーをしていたり、自らデザインしたデッキのブランドを経営していたりとクリエイティブな仕事に結びつけている人を講師として招いています。

――具体的にはどのような授業を行うのか?

細井:もちろん実際にスケートボードの練習を行います。が、それ以外にも映像やグラフィックデザイン、ファッションなどの授業も行う予定です。イベントをやるときのフライヤーやポスターなどグラフィックの作成や英語教育も行います。

 この学校からプロスケーターや、オリンピック選手を出していきたいですが、我々の狙いはそれだけではない。生徒にも将来、いろいろな道があることに気づいてほしい。スケートボードから広がっていくカルチャー全般を武器に海外でもクリエイティブな活躍ができる人材を育てたいですね。

――スケートボードの可能性や市場をどう見ているか?

細井:正直、まだわからない(笑)。いろいろな人に聞きましたが、アメリカでのスケーター人口が1400万人くらいある。国内人口ははっきりと言えないが、スケートパークの数は昔と比べて大幅に増加しており、スポットを合わせると全国に357箇所あると聞いている。

 若い世代のスケーター人口が増えている感触もある。今、子供たちがスケートボードを一生懸命練習しているが、このまま教育環境が整備されないと学歴社会のなかで夢を諦めてしまうのではないかと危惧している。オリンピック種目にも選ばれたし、スケートボードを通じて好きなことを仕事にしていく一つの方法を提示していきたいです。

【写真提供】バンタンデザイン研究所

<取材・文/HBO取材班 撮影/林紘輝(本誌)>