2歳牝馬の女王を決めるGI阪神ジュベナイルフィリーズ(以下、阪神JF。12月11日/阪神・芝1600m)。来春のクラシックを見据えたこの戦いは、将来性豊かな3頭が主力を形成することになりそうだ。

 ここまで2戦2勝、父は海外GI10勝のフランケルで、母も海外GI6勝のスタセリタという超良血のソウルスターリングに、前走のGIIIアルテミスS(10月29日/東京・芝1600m)を快勝したリスグラシュー、そしてGIIデイリー杯2歳S(11月12日/京都・芝1600m)を勝ってデビュー3連勝を飾ったジューヌエコールといった面々だ。

 しかし、この3頭で"鉄板"なのか。阪神JFの歴史を振り返ってみると、意外な馬が台頭し、波乱を演出していることが多々ある。何より、まだ若くて、繊細な2歳牝馬である。いくら能力があっても、常にそれを発揮し切れるとは限らないのだ。

 そこで、過去10年の結果を参考にして、今年金星を挙げそうな伏兵馬を探っていきたい。

 まず特筆すべきは、過去10年の勝ち馬は、阪神JFに臨むまでの過程で3着以内を外した馬が1頭もいない、ということだ。2008年のブエナビスタ、2009年のアパパネ以外は、連対(2着以上)さえ外したことがなかった(※ブエナビスタ、アパパネはともに新馬戦で3着)。

 そのうえで興味深いのは、このレースでは1〜3番人気に推される"最有力候補"には及ばないまでも、それに近い評価を得た馬が好成績を残していること。実際、この10年で1〜3番人気が5勝しているが、4〜5番人気の馬も5勝を挙げているのだ。

 例えば、2014年の勝ち馬ショウナンアデラは、新馬戦2着のあと、未勝利、500万下特別と連勝。しかし、トップクラスとの対戦がなかったため、5番人気にとどまっていた。また、2013年の覇者レッドリヴェールは、デビュー2連勝で8月のGIII札幌2歳S(函館・芝1800m)を制したが、そこから直行で阪神JFに臨んだ臨戦過程が嫌われ、5番人気となった。

 的中時の配当を考えれば、1着候補として面白いのは、当然オッズが高くなる4〜5番人気の馬。つまり狙うべきは、成績面では抜群の安定感を誇っているが、何かしらの不安要素を抱えて、4〜5番人気の評価にとどまる馬だ。

 この条件に当てはまる馬をメンバーから探すと、アリンナ、ヴゼットジョリー、レーヌミノルあたりが該当する。なかでも、今回狙ってみたいのは、レーヌミノルだ。

 レーヌミノルは8月のデビュー戦を快勝したあと、GIII小倉2歳S(9月4日/小倉・芝1200m)では後続に6馬身差をつける圧勝劇を演じた。その後、2カ月の休養を挟んで、前走のGII京王杯2歳S(11月5日/東京・芝1400m)に参戦。初距離、初の左回りなど、初物づくしの一戦だったが、直線で堂々と抜け出すと、勝ったモンドキャンノに半馬身差の2着と好走した。

 それでも、さらなる距離延長や、クラシックで大成しにくい小倉2歳Sの勝ち馬ということもあって、今回は人気落ち必至。4〜5番人気がいいところだろうが、走り慣れた右回りのレースで、驚異的な強さを再度披露してもおかしくない。勝ち馬として"オイシイ"候補の1頭と言える。

 続いて、より高配当を狙って、過去に2〜3着に突っ込んで穴を開けた馬から、今年波乱を演出しそうな馬を探してみたい。

 過去の馬で着目したいのは、2015年に10番人気で2着に入ったウインファビラスだ。

 同馬は、6月のデビュー戦で3着に敗れたあと、未勝利戦を勝つと、続くGIII新潟2歳S(新潟・芝1600m)で2着と好走。オープンクラスでも力が通用することを示した。だがその後、休み明けのアルテミスSで5着と敗れたことによって、阪神JFでは人気が急落していた。

 今年、同様の逆襲が期待できるのは、ディーパワンサだ。同馬は夏にデビュー戦を快勝すると、オープン特別の中京2歳S(7月23日/中京・芝1600m)で連勝を飾った。ここでトップレベルの力があることを証明したが、約3カ月半ぶりとなったデイリー杯2歳Sでは4着に沈んだ。

 この結果から、阪神JFではこれまでのような上位人気にはならないはず。しかし、前走4着だったとはいえ、勝ち馬とはコンマ1秒差。巻き返す可能性は十分あり、人気が落ちる今回は絶好の狙い目だ。

 ウインファビラスに近い存在と言えば、ブラックオニキスとサトノアリシアも当てはまる。ディーパワンサ以上の「穴」を狙うなら、これらだ。

 ただ、ブラックオニキスは前走のGIIIファンタジーS(11月5日/京都・芝1400m)で8着と負けすぎた感がある。ウインファビラスにしても、負けたアルテミスSで掲示板は確保しており、決して「崩れない」タイプだった。

 阪神JFで好走するには、それだけの「安定感」は必須条件。だとすれば、新たに推奨したいのは、サトノアリシアだ。

 同馬は7月の函館でデビューすると、初戦2着のあと、2戦目で初勝利。そして、3戦目ではオープン特別のコスモス賞(8月13日/札幌・芝1800m)を勝った。それ以来となった前走のアルテミスSでは5着に敗れたが、こちらも掲示板は外していない。まさにウインファビラスと重なる1頭と言えるだろう。

 うら若き乙女が挑むGIの舞台。世代初の"勲章"をつかむのは、はたしてどの馬か。有力馬ひしめく熾烈な争いから、目が離せない。

河合力●文 text by Kawai Chikara