近年は低迷が続いているインテルのサポーターにとって、これほどの希望の光はないかもしれない。アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が5日、「いつかインテルの指揮官になる」と述べている。

シメオネ監督の息子で、現在ジェノアでプレーするジョバンニ・シメオネは先日、「父はいつかインテルと契約する」とコメントした。シメオネ監督は5日、チャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘン戦を前にした会見で息子の発言について、次のように述べている。



「私の息子、私の父、私の妻が、将来的に私がインテルに戻ると言うのは普通のことだ。いつか私がインテルを率いるということを、彼らは知っているのだからね」

インテルは今季開幕前にロベルト・マンチーニ元監督が退任し、フランク・デ・ブール氏に指揮を委ねたが、公式戦11試合で7敗するなど不振に陥って同氏を解任。ステファノ・ピオリ現監督を招へいしたが、公式戦4試合で1勝1分け2敗と苦戦が続いている。

アトレティコでリーガエスパニョーラを制し、チャンピオンズリーグでも3年間で2度の決勝進出を果たすなど世界有数の名将となったシメオネ監督のコメントは、そんなインテルのサポーターに大きな情熱を与えるに違いない。

現役時代にインテルで活躍し、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝を経験したシメオネ監督は、以前からインテル復帰の可能性に触れている。ちなみに、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、シメオネ監督が昨季のバイエルン戦の前にもインテル復帰に言及したことを伝えている。