1番人気、鞍上は武豊――。12月4日に行なわれるGIチャンピオンズカップ(中京・ダート1800m)は、先週のジャパンカップでキタサンブラックに騎乗して人気に応えた武豊騎手が、再び1番人気の手綱を取って主役を務める様相となっている。

 彼の相棒となるのは、ダート転向から6連勝中という無類の強さを魅せるアウォーディー(牡6歳)だ。負けなしのダート戦では、JRAおよび地方交流重賞を5連勝。前走では地方交流GIのJBCクラシック(11月3日/川崎・ダート2100m)を制覇し、一気に頂点まで上り詰めた。今回も断然の1番人気が予想される圧倒的な存在だ。

 だが、このコンビにとっては嫌なデータがある。2014年にジャパンカップダートからチャンピオンズCに代わって2年、1番人気の馬は2度とも馬群に沈んできた。昨年は、武豊騎手騎乗のコパノリッキーが7着に惨敗。一昨年も同じくコパノリッキー(鞍上は田辺裕信騎手)が12着と大敗を喫した。

 しかも、昨年は12番人気という"大穴"サンビスタが制覇。一昨年も、勝ったのは2番人気のホッコータルマエだったが、2着に8番人気の伏兵ナムラビクターが入って、波乱となった。

 まさに、ひと筋縄ではいかない一戦。まだ2回しか行なわれていないとはいえ、いずれも波乱となって、"荒れるGI"と言える。いかに「天才ジョッキー」と「無敗のダート馬」という最強コンビでも、"中京の魔物"に飲み込まれてしまう可能性は大いにある。

 そもそも中京のダート1800mは、コース形態が特徴的なため、波乱が起こりやすい。1、2コーナーの角度がタイトで、向こう正面は上り坂。さらに、そこから3、4コーナーにかけては長い下り坂となっていて、最後の直線では再び急な上り坂が待っている。そのため、道中のいたるところでペースの変化が起きやすい傾向にあるのだ。過去2回の結果は、まさにこのコースの難しさを物語っている。

 参考材料としては少ないものの、ここではその過去2回の結果から、今年波乱の立役者となりえる馬を探っていきたい。

 先述したとおり、過去2回で穴を開けたのは、2015年が勝ち馬のサンビスタ、2014年が2着馬のナムラビクター。実は、この2頭には共通点がある。

 それは、重賞レースに出走し続けていて、常に上位を確保していたことだ。

 例えば、サンビスタは前3走すべて地方交流重賞に出走し、2着、1着、2着という結果を収めていた。それ以前も、同馬は前年の夏からJRAと地方交流の重賞レースに参戦し続けていて、常に高いレベルで奮闘していた。

 一方のナムラビクターも、前4走はすべてJRAの重賞に出走。1着、5着、2着、3着と安定した力を見せていた。

 2頭とも勝ち味に遅いタイプではあったが、重賞レベルのどんなレースであっても、コンスタントに上位にくる底力と対応力があった。それが、中京の難コースで行なわれるハイレベルな戦いで、存分に生かされたのかもしれない。

 その観点で今年のメンバーを見渡すと、金星を挙げる候補となるのは、サウンドトゥルー(セン6歳)である。

 ここ3走は、地方交流のGI、GII、GIに出走して、すべて3着と好走している。また、昨年の10月以降はずっと重賞に参戦していて、3着以内を外したのは一度だけ。抜群の安定感を誇り、対応力の高さは相当なものだろう。

 ちなみに、難コースだからこそ、中京での実績も武器になる。昨年の勝ち馬サンビスタは、前年の同レースにも出走し、15番人気で4着と健闘していた。サウンドトゥルーも、昨年のこの舞台で3着を確保。過去にも同じ条件で行なわれたオープンクラスのレースを快勝していて、中京コースへの適性は申し分ない。善戦止まりで嫌われるなら、ますます買いだ。

 サウンドトゥルーより、さらに大きな配当を狙うなら、モンドクラッセ(牡5歳)がオススメ。同馬も、直近3走は勝ち星こそないものの、すべて重賞に挑んで3着、4着、4着と上位を確保し続けている。

 2走前の地方交流GIII白山大賞典(10月4日/金沢・ダート2100m)では、適距離とは言えない一戦でも4着と善戦して、対応力の高さを示した。過去に波乱を起こした馬たちと同様、この馬もまた高いレベルで戦える"安定感"も保持し、侮れない1頭と言える。

 確かにここ最近のレースぶりからすれば、ダート界のトップクラスが集うGIで通用するかどうか疑問に思うだろう。それでも、逃げる同馬のスタイルは、中京向き。1、2コーナーがタイトで、向こう正面に坂があるということは、ペースが落ちて先行有利になりやすいからだ。昨年は、1番人気のコパノリッキーが逃げてハイペースになったものの、一昨年は先行馬3頭が上位を独占している。

 モンドクラッセ自身、同舞台で行なわれたGII東海S(1月24日/中京・ダート1800m)で2着と好走し、相性は悪くない。過去2年も、重賞戦線で健闘しながら「GIでは力が足りないかも」と、軽視された馬が高配当をもたしてきた。ならば、モンドクラッセの一発があってもおかしくない。

 3回目を迎えるチャンピオンズC。砂上の戦いは、今年も伏兵馬の台頭で嵐が吹き荒れるのか。それとも、アウォーディーと武豊のコンビが絶対王者として君臨するのか。その結末をしっかりと見届けたい。

河合力●文 text by Kawai Chikara