南米で「浮遊する不思議な島」を発見 直径約119メートルの完璧な円形

ざっくり言うと

  • 南米アルゼンチンで「浮遊する不思議な島」が発見され、話題になっている
  • 直径約119メートルの完璧な円形をした、プカプカと浮遊する島
  • まるで上空からレーザーか何かで、土地がくり抜かれたようにも見える

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x