川島菜月さん、姉でモデルの河中あいとその娘・りんかちゃん(出典:https://www.instagram.com/ai_kawanaka)

写真拡大

お笑いコンビ・はんにゃの川島章良が2015年2月3日に結婚した際、すでに妊娠していた妻はその年に自宅のトイレで出産したという。さらに今年の4月、テレビ番組で川島が2014年11月に腎臓がんが見つかり手術したことを明かしており、川島家の大変だった時期が想像される。バラエティ番組『深イイ話』で1年間に壮絶な体験を乗り越えた妻の菜月さんを取材したところ、その前向きな姿に視聴者から「素敵な奥さんで素敵な夫婦ですね! 涙が出てきました…」「同じ20代として感無量です!!」などの反響があった。

【この記事の他の写真を見る】

11月28日、日本テレビ系で放送された『人生が変わる1分間の深イイ話 2時間SP』で“元ブレーク芸人・はんにゃ川島の妻に密着!”と題して川島菜月さんを追った。3年前、介護福祉士として働いていた菜月さんは、友人がお笑い芸人の坪倉由幸(我が家)と知り合いで川島章良も交えて一緒に食事する。彼女は「芸人はチャラい」というイメージを持っていたが、川島が毎日のように連絡をくれ休みを合わせて遊びに行こうと誘う姿に「いい人だな」と思い直す。交際がスタートして6か月後に妊娠が分かりお腹の子どもが順調に育つなか、彼女は「川島のお腹が大きくなりすぎ」だと気になり検査を勧める。

川島は検診から帰ると菜月さんと温泉へ行きプロポーズしようとサプライズの準備をしていた。ところが病院から電話があり「腎臓がん」と告げられた川島は、彼女に「ごめん、がんが見つかっちゃって」「このタイミングで悪いんだけど結婚しよう」とある意味サプライズでプロポーズした。彼女はその時の心境を「なんかもうぐちゃぐちゃですね、泣き笑いしてる感じ」だったと明かす。

当時、川島は32歳で菜月さんは24歳だった。若いながらに「やるしかない。私は支えるしかないしアキプー(川島)は手術するしかない」「私も出産するから一緒に頑張ろう」と芯の強さを発揮する。そんな彼女に川島も勇気づけられただろう。手術は成功して、夫の入院先へ毎日通った菜月さんは「面会できる時間ずっといました。朝から晩までずっと一緒にいるって普通の家族でもありえないので、何か悪いことばかりじゃなかった」とやはり前向きである。

川島が退院した後、2人は晴れて結婚する。そんなある日、自宅で1人過ごしていた菜月さんは陣痛を感じて破水したため咄嗟にトイレへ駆け込んだ。その時の様子を自宅で説明しながら「苦しんでたらポンって出て来て、キャッチしました。本能でつかまえました」と話すママの言葉を元気に育っている娘も聞いていたが、何か伝わっただろうか。

出産した彼女は、救急車を呼んで処置してもらい病院へ向かった。その時、姉でモデルの河中あいは妹からの電話で「お姉ちゃん、ミラクルが起きた」「私、自分で生んだ」と伝えられて驚いたそうだ。ちなみに、河中あいの夫は俳優の袴田吉彦で、川島章良とは一緒にフットサルをするなど仲が良いというからどのような縁があるか分からない。

菜月さんは川島の両親とも大の仲良しで、娘を連れてよく夫の実家を訪れる。義理のお母さん(72)は息子ががんになったことを「なっちゃんに申し訳なかった」「これから結婚する男がそれじゃねぇ」と思い起こすと「全然ですよ」と穏やかに微笑む菜月さん。お母さんは「ほんとにいい子でしょう。えらいよね。受け止めてくれたもんね」「ずーっと忘れないからね。嬉しかった」と実の娘のように言葉をかけた。

そんな菜月さんが一番願っているのは「アキプーが再ブレーク」することで、芸人の妻として笑いが絶えない家庭にしようと常日頃からイタズラを仕掛けては夫のネタになればと録画しているほどだ。また、後々は介護の仕事に戻ることも考えており「介護タクシーが運転できれば優遇される可能性がある」と二種免許を取るために自動車学校へ通う。「今は大丈夫だが、この先どうなるか分からない。仕事に戻ればそれなりに余裕もできるし、アキプー自身もリラックスできるんじゃないかな」とまで尽くすのはなぜか。

“ズクダンズンブングンゲーム”で大ブレークしたはんにゃだが、金田哲のいう「ズクダンバブルがはじけて」以来めっきりテレビで見かけなくなった。川島章良は「離乳食インストラクター1級」「食育アドバイザー」「おひるねアート講師」など数々の資格をとってその講演会などもやっている。どのような仕事でも「楽しかった」と言う彼は、どん底にあった時も愚痴を口にしたことがないそうだ。そんなアキプーを知っている菜月さんは「芸人という仕事が絶対に好きなんですよ」「好きな仕事をやっていてもうまくいかない時がある。仕事が無くても、自分がやりたいならやって欲しい」と夫の再ブレークを応援するのだった。

番組放送日に川島章良は『はんにゃ川島 kawashimaakiyoshi Instagram』にて「奥さんがメインです。奥さんに感謝です」と伝えていた。今、夫婦でハマっているのは「#バッテングセンター」という彼に「川島夫婦素敵で感動しました。いつまでもお幸せに」「わたしも川島さん(アキプーさん)みたいな旦那さんと結婚して奥さまみたいな妻になりたいです」「再ブレーク応援してます。頑張ってください」など多数のコメントが寄せられている。

出典:https://www.instagram.com/ai_kawanaka
出典:https://www.instagram.com/kawashimaakiyoshi
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)