今もふさぎこんでいるという高畑淳子

写真拡大

 舞台『雪まろげ』のツアー公演が11月19日、山口県長門市で行われた。温泉芸者・夢子がついた小さな嘘が雪だるま式に別の嘘を呼び、大事件を引き起こす同舞台は、故・森光子さん主演で471回の公演を成し遂げた傑作喜劇。今年9月に演者を替えて復活し、主演の夢子役を高畑淳子(62才)が務める。

 終演後、出演者一同は山口市内の温泉街・湯田温泉にある高級ホテルへ。翌日の公演を控え、束の間の憩いを求めて一行が向かったのは、ホテル近くの有名ふぐ店だった。共演者の榊原郁恵(57才)、柴田理恵(57才)、青木さやか(43才)らがぞろぞろと店になだれ込む中、座長の高畑の姿だけがない。

「部屋でひとり、夜食を取ったようです。普通は座長が率先して共演者たちを食事に連れて行くんですけどね。地方公演ならなおさら、みんなでぱーっと地元料理を食べに行くもの。特に高畑さんと郁恵さんは子供同士が親友で、旧知の関係です。郁恵さんもご飯に誘ったそうですが、それを拒絶したとなると、今も相当ふさぎ込んでいるのでしょう」(舞台関係者)

“性犯罪者の母親”というレッテルが、高畑を苦しめ続けている。

◆近所に来られたらたまらない

 高畑裕太(23才)が40代のホテル従業員・Aさんへの強姦致傷容疑で逮捕されてから3か月。母親の「号泣2時間会見」の余韻さめやらぬ中、急転直下で示談が成立し、9月9日に裕太は保釈された。

 直後、示談に関与したAさんの知人男性が暴力団関係者だったと報じられ、高畑への“美人局疑惑”が浮上したが、10月、Aさんが『週刊現代』で事件の一部始終を告白。高畑擁護の空気は霧散した。

「裕太は保釈後、埼玉県の精神科病院に入院していました。完全個室で院内にはヒーリングスパも完備。高級ホテル並みの待遇が売りの施設です。入院初日に淳子さんが布団を運び入れる姿も目撃されています。もちろん1泊2万円という入院費用は淳子さんが出しました」(スポーツ紙記者)

 政治家もお忍びで利用するというVIP病棟で心身のリハビリに努めた裕太だが、以後の近況は杳(よう)として知れない。高畑母子を知る芸能関係者が声を潜める。

「すでに退院しており、都内の実家に戻っているという話もある。今は息を潜めるように引きこもり生活中だとか。結局、頼れる人は家族しかいなかったのでしょう。淳子さんと姉が面倒を見ており、外食もできない彼のためか夜遅く、人目のつかない時間帯に宅配ピザをとってあげたりしているそうです」

 再生に向けて歩み出した一家にとって、目下頭を悩ませる問題が「新居」である。高畑は昨年5月、都心の一等地に140平方メートルの土地を購入。上物合わせて2億円という4階建ての大豪邸の建築が着々と進んでいる。

 新居は12月末にも完成予定だが、引っ越しを目前にした一家は今、世の逆風に晒されていた。近隣住人が怯えているのだ。

「うちには高校生の娘がいるので、引っ越して来てほしくないです。隣近所に高畑裕太が住むなんて、怖くて仕方がありません」(50代主婦)

「被害者は40代の女性でしたから、正直不安はあります。保釈時のあの目つきもどこか狂気が感じられて…。近所に来られたらたまらないです」(30代主婦)

「閑静な住宅街なので、また何か騒ぎがあってマスコミが殺到するような事態があったらと、心配です」(50代主婦)

 不起訴処分とはいえ、一度ついたイメージの払拭は至難である。

「淳子さんも引っ越しについては悩んでいるそうです。“私たちは地域に受け入れられるのか”と。事件の影響で高畑さんのCM起用やテレビ出演は絶望的になり、裕太が穴を空けた仕事の賠償金もこれからです。お金が入り用だし、近所の目もある。今では住む前に売ってしまうことさえ検討しているといいます。もはや何のために建てたのかわかりません」(前出・関係者)

※女性セブン2016年12月8日号