今週27日は、東京競馬場でGIジャパンカップ(芝2400m)が行なわれる。ジャパンカップといえば、かつては海外の強豪を迎え撃つという図式だったが、外国馬の勝利は2005年のアルカセット以来途絶えており、2006年3着のウィジャボード以来馬券にも絡んでいない。単なる古馬の芝2400mGIという扱いになっているが、今年はなかなかの好メンバーが揃いそうだ。

 以前はGI天皇賞・秋の上位馬がジャパンカップに大挙出走し、好成績を残すことが多かったが、近年は馬の消耗を考え、天皇賞・秋→ジャパンカップ→有馬記念のGI3戦のどれかをスキップするパターンが増えてきた。今回は天皇賞・秋をスキップしてきた中からキタサンブラック(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)とゴールドアクター(牡5歳、美浦・中川公成厩舎)の2頭にスポットを当ててみよう。

 キタサンブラックは昨年のGI菊花賞(京都・芝3000m)を勝利後、GI有馬記念でゴールドアクターの3着。今年はGII大阪杯(阪神・芝2000m)2着を経て、GI天皇賞・春(京都・芝3200m)を逃げ切りGI2勝目。GI宝塚記念3着で春を終え、秋初戦のGII京都大賞典(京都・芝2400m)を勝ってここに臨んでくる。ここ7戦すべて3着以内に入り、敗れても0秒1差内と、非常に安定した走りを続けている。

 唯一の大敗が、今回と同じコース&距離で行なわれた昨年の日本ダービー(14着)ということで不安視する見方もあるだろうが、同レースはミュゼエイリアンが1000m通過58秒8というハイペースを作り出し、2番手で追走したキタサンブラックには厳しい展開だった。今回のメンバー構成ではハイペースで逃げるような馬は見当たらず、マイペースの逃げ、または2番手という、いつもの競馬ができそうだ。日本ダービーを除けば、東京コースでは芝1800m、2000mで2戦2勝と好成績を残しており、左回りや東京コースに対する不安はない。

 唯一気になるのはその脚質だ。ハナを奪って逃げる可能性が高いが、過去30年のジャパンカップで、4角を先頭で回ってきて勝利したのは2003年タップダンスシチーのただ1頭。同レースは2着にも2番手追走のザッツザプレンティが入り、いわゆる"行った行った"のレースだった。それも、ふだんより6秒近く時計がかかる重馬場という、特殊な馬場で行なわれたもので参考外と言えるだろう。さらに遡ると1984年に14頭立て10番人気で逃げ切り、日本馬のジャパンカップ初勝利となったカツラギエースがいるが、2003年以外の過去30年では4角先頭の馬は、勝利はおろか3着以内にも入ったことがなく、データ的には勝ち切る可能性は低そうだ。

 対するゴールドアクター。昨年のGIIアルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)で重賞初制覇を果たした後、8番人気だった有馬記念で勝利した。今年はGII日経賞(中山・芝2500m)を快勝したが、1番人気に推された天皇賞・春では12着と惨敗。しかし、秋初戦のGIIオールカマー(中山・芝2200m)は快勝し、ここに臨んできた。本馬は2番手から中団より前めでレースを進め、そこから瞬発力を発揮して勝負するタイプ。中長距離戦では最も安定している戦法と言えるだろう。実際、昨年は1000万下から5連勝する安定性を見せていた。

 東京コースは5戦2勝。3回敗れているが、いずれも本格化前の2〜3歳時で、4歳時の昨秋、トップハンデ57.5kgを背負って2着以下に1馬身3/4差を付けたオクトーバーステークス(1600万下、芝2400m)、そして重賞初制覇を飾ったアルゼンチン共和国杯と好内容を見せている。

 天皇賞・春こそ折り合いを欠いて大敗したが、本来は折り合いを苦にしないタイプで、実績のあるコースだけに自分の競馬ができれば、勝ち負けだろう。有馬記念こそ人気薄での勝利だったが、今年勝った日経賞、オールカマーではいずれも僅差ながら、"並んだら抜かせない"勝負強さでGI馬の貫禄を見せている。

 過去、この2頭の対決は2回。昨年の有馬記念ではゴールドアクターが勝ち、キタサンブラックが3着。今年の天皇賞・春ではキタサンブラックが勝ち、ゴールドアクターが12着だった。展開や脚質的にはゴールドアクターが有利と思われるが、1歳若いキタサンブラックにはさらなる上昇度も期待できそうだ。筆者の結論としては、キタサンブラックを見ながら競馬できる有利さもあり、ゴールドアクターを上に見たい。

 逃げ込みを図るキタサンブラックに襲いかかるゴールドアクター、そして後方待機組が......というシーンを思い浮かべるだけでワクワクしてくる。今年のジャパンカップは面白いレースになりそうだ。

平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki