1
 
Appleの最高デザイン責任者、ジョナサン・アイブ氏がすでに製品デザインの一線を退いている、との情報が流れています。最近発売されたApple製品のデザインをまとめた写真集は、同氏の引退を示唆したものではないか、との説もあります。

「アイブ氏は製品デザインから退き、建築物に注力」

Apple関連情報の有名ブログDaring Fireballで知られるジョン・グルーバー氏がホストを務めるPodcast番組「The Talk Show」に、Apple情報メディアSix Colorsの創設者ジェイソン・スネル氏が出演し、以下のように語ったとPhoneArenaが報じています。
 

ジョナサン・アイブ氏は製品のハードウェアデザインに以前のようには関わっておらず、宇宙船と称される新社屋や直営店などの建築物に重点を置いている。店舗デザインについては販売部門の責任者であるアンジェラ・アーレンツ氏と緊密に連携している、と聞いた

 

ジェイソン・スネル氏


 
もし、この情報が本当なら、初代iPhoneから10周年の記念モデルとして、デザインを刷新されて来年発売されると噂の「iPhone8」のデザインに、アイブ氏があまり関与していないことを意味します。

最近、露出が減ったアイブ氏。写真集発売は引退の合図?

最近のアイブ氏は、iPhone7やMacBook Proなどの新製品紹介ビデオに、字幕で名前が紹介され声の出演はするものの、顔を出すことがなくなりました。また、製品発表会にも出席していないようです。
 
また、最近発売されたApple製品のデザインを振り返る豪華写真集「Designed by Apple in California」が発売されたことは、アイブ氏が徐々に引退していくことを示唆しているのではないか、との指摘もあります。
 
PhoneArenaは、もし万が一アイブ氏が引退するとしても、同氏のデザインしたApple製品は今後のデザイナーたちの財産になるだろう、と評しています。
 
なお、アイブ氏は最近、ロンドンの高級ホテルのロビーを飾るクリスマスツリーのデザインを担当しました。
 
 
Source:PhoneArena
(hato)