角居勝彦調教師が語る一流騎手の条件

写真拡大

 突出した実績馬が見当たらないレースは、混戦が予想される。こんなときことモノをいうのが鞍上の技術である。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、馬と騎手の相性についての第2弾、馬に嫌われる人々についてお届けする。

 * * *
 前回は馬と騎手との相性の話でしたが、今回は調教師が加わります。

 競馬の主役は紛れもなく競走馬です。しかし直線でファンが連呼するのはジョッキー名だし、勝利インタビューでレースを振り返るのもジョッキーです。反面、凡走に終わったときのファンの激しい呪咀もジョッキーに向けられます。実は、ジョッキーは馬に好かれない。いわば憎まれ役です。

 馬にとって競馬場はストレスを感じる場所。そこに登場するカラフルないでたちの人がレースで激しく追って鞭を振るう、馬にとって怖い存在です。ジョッキーは馬に嫌われてこそ。精一杯に追って、馬の能力を最大限に引き出してもらわなくてはいけません。いきおい、リーディング上位のジョッキーに騎乗依頼することが多くなります。

 だから角居厩舎では、若いジョッキーを育てる意識はやや希薄です。“馬に嫌われる”までになるには最低3年。素質馬を多く預からせていただいているので、新馬戦からきっちり馬に競馬を教えてくれるジョッキーに手綱を託すことになります。

 腕を信じているから、あまりジョッキーへの指示はしません。馬をどう走らせるか。そういった作戦は調教師と調教助手で立てます。レースではなく調教での作業です。いかに前走より上積みを作るか。さらに操作性を高めるか。紙を重ねるように仕上げていきます。

 ただし、よっぽど結果が出ていない馬ならば、ジョッキーに頼むこともある。「思い切って一番後から行って」とか、「ブリンカーを付けるから、前に行って反応を確かめて」とか。それを試してくれるところもジョッキーの手腕です。

 前回話したように、馬との相性でジョッキーが替わることがあります。しかしやむをえず「替えたほうがいい」という場合もあります。

 同じ失敗を3回繰り返すと厳しい。たとえば、1走目は引っ掛かるのを怖がって後ろから行った。それで競馬にならなかったのに2回目も3回目も同じような騎乗になってしまった場合。レースは天候や芝状態、展開にも左右されますが、明確になった課題の改善がなされないということですから。そこは勝負の世界、厳しくいきます。

 さて、そういった事情は、馬には分かるのでしょうか。

「前走、ああいうレースをしちゃったから、今度は違うぞ」、「雪辱するぞ!」という思いはたぶんない。いかにジョッキーの指示に従順になれるか、です。

 ただし調教を積み重ねた陣営の思い入れは、必ず馬には伝わると信じます。

 ところで、調教師は馬に好かれているのでしょうか。どうもそうではないようです。鞭を振るうジョッキーを束ねるボスですから。「自分をいたぶるような指示を出してるんじゃないか?」などと、頭のいい馬は思っているのかもしれません。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後15年で中央GI勝利数23は歴代2位、現役では1位(2016年11月6日終了時点)。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイア、サンビスタなど。

※週刊ポスト2016年11月25日号