■厳選!2歳馬情報局(2016年版)第25回:アドマイヤアゼリ

 1620年頃が起源とされるアメリカ競馬。その長い歴史において、「伝説的な名牝」と称される馬がいる。アゼリである。

 2001年から2004年にかけて現役生活を過ごしたアゼリは、そのキャリアで11個ものGIタイトルを獲得した。2002年には、アメリカ競馬の「年度代表馬」を受賞。2010年には殿堂入りも果たしている。

 彼女は引退後、日本に輸入されて繁殖牝馬となった。その子どもたちは常に注目を集め、ディープインパクトとの配合で2013年に生まれたロイカバード(牡3歳)は、競走馬のセリ市「セレクトセール」で2億4000万円(税抜き)という高額で落札された。

 そんな彼女の子が、デビューを控えた今年の2歳馬の中にもいる。アドマイヤアゼリ(牡2歳/父ディープインパクト)である。

 その血統から多大な注目を集めるこの若駒は、全兄のロイカバード同様、セレクトセールで2億5000万円(税抜き)という高値で取引された。同馬の育成を行なったノーザンファーム早来では、その素質の片鱗を早々に見せていたという。担当した木村浩崇氏は、今春の取材でこう話していた。

「背中のよさを感じる馬で、硬さがないですね。乗り味はディープインパクト産駒ならではですし、走る姿を横から見ていても、そのよさがわかりますね。育成中は折り合いに気をつけた調教も行ないましたが、学習能力は高いです。いい雰囲気を持っています」

 アドマイヤアゼリは現在、所属する栗東トレセン(滋賀県)の須貝尚介厩舎に入厩している。来年のクラシックを目指すには、そろそろデビューしておきたいところだが、現状では明確な予定を立てることなく、慎重に育てながら万全な態勢を整えていく構えのようだ。関西競馬専門紙のトラックマンが語る。

「デビュー戦の日程は未定で、『成長に合わせてゆっくり進めていく』とスタッフは話していました。血統的にも大事に育てたい1頭のようで、『中途半端な仕上げでデビューさせるつもりはない』とのことです」

 アメリカを代表する名馬の息子だからこそ、丁寧に進めていくのだろうが、調教の動きなどはどんな様子なのだろうか。先述のトラックマンが続ける。

「正直なところ、現状の動きはまだ、それほど目立っていません。ただ、入厩してからあまり日が経っていませんし、やはりこの血統なので、ガラッと変わってくる可能性も秘めています。しばらく見守っていきたいですね」

 アゼリは3歳になって、それも11月という遅いデビューだった。その母と同様、息子の成長曲線が遅い可能性は十分にある。じっくり育てていく厩舎方針とマッチすれば、これから良化してくるかもしれない。

 全米で話題をさらった名牝アゼリの愛息。今度は日本から、アメリカのファンに向けて息子の活躍を伝えることができるのか。まずは初陣を飾る日をじっくりと待ちたい。

河合力●文 text by Kawai Chikara