櫻井翔がまさかの赤面?「VS嵐」でカメラが写した“タブー映像”

写真拡大

 日本を代表するトップアイドルグループだけあって、のテレビ番組には各局お抱えの精鋭作家、スタッフが割り当てられる。嵐の5人がゲストとさまざまなゲームで対決するバラエティ『VS嵐』(フジテレビ系)もその1つだ。

 フジのゴールデンタイムでお馴染みの人気番組だが、直近のオンエアーでは視聴者が騒然となる出来事が立て続けに起こったというから、穏やかではない。

「2008年4月〜2009年9月まで土曜日のお昼に放送され、10月からゴールデンに昇格。この11月3日には『VS嵐 300回記念スペシャル』として放送されるなど、フジの代表番組の1つに成長を遂げていたはず。ところが、アイドルにあるまじき映像が流れてしまった……スタッフは今、頭を抱えています」(番組関係者)

 11月10日も、いつものようにメンバーのトークからスタート。ジャニーズ事務所の仲間で俳優の風間俊介(33)が嵐チームのプラスワンゲストに登場し、和気あいあいとした雰囲気で番組が進行したのだが、事件は起こった。

■Twitterで拡散される「恥ずかしい写真」

 ジャニーズに詳しいライターが異変について語る。

「ゲーム実況役の“天の声”がいつもと違ったんです。前回までキャイ〜ンの天野ひろゆき(46)がナレーションを務めていましたが、10日は谷岡慎一アナウンサー(29)が担当。『今回から天の声はフジテレビ男性アナウンサーが週替りで担当いたします』と、説明していました。天野の卒業は特に発表されておらず、さりげなく変わってしまっただけに、『天の声のチェンジは制作費削減?』などとファンは戸惑っていました」

 そして、『300回記念スペシャル』でも、とんだ珍事が話題になっていた。櫻井翔(34)の顔がアップで映った際、アイドルとしては不名誉な“あるもの”が映り込んでしまったのだ。

「櫻井がゲームのミスを悔やんで上を向いた瞬間。残念なことに、櫻井の“鼻くそ”がバッチリと映ってしまったんです。この時、櫻井の鼻の穴は丸見えになっていましたから、スタッフがしっかりチェックしていれば、恥をかくこともなかったはず。Twitter上では画像が拡散されており、ファンもドン引きしていました。最近の視聴率は10日が8.8%と低調。1ケタが増えていますし、番組自体が今後どうなるのか……」(前出・番組関係者)

 放送300回を迎えながらも、視聴者を困惑させてしまった『VS嵐』。天野は正式に番組から卒業となったのか、それとも一時的な措置なのかは不明だが、男性アナウンサーの登板は吉と出るか、凶と出るか。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1978年神奈川県出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する