調教師・角居勝彦氏が騎手のタイプを解説

写真拡大

 馬と騎手には相性があるといわれる。同じ騎手が乗り続ける馬もいれば、頻繁に変わる馬もいる。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、馬と騎手の相性の話題から、騎手のタイプについてお届けする。

 * * *
 角居厩舎でエリザベス女王杯といえばラキシス。昨年まで3年連続出走、2014年にはヌーヴォレコルトをクビ差で下して勝ちました。その時の鞍上は川田将雅騎手。新馬戦も川田騎手の手綱でしたが17走で7人の騎手が跨がっています。

 鞍上がほぼ替わらない馬もいれば、頻繁に乗り替わることもある。今回は馬と騎手の相性のお話です。

 たとえばフルーキーは22走で11人が乗っている。一方、GI2勝のトールポピーはほぼ池添謙一騎手でした。ディアデラマドレも5走目からずっと藤岡康太騎手。デニムアンドルビーはいま浜中俊騎手のお手馬ですが、オークスや秋華賞は内田博幸騎手の手綱でした。結果を出してくれたジョッキーには、乗り続けてもらうことになる。エアハリファは関東所属の三浦皇成騎手。巧く乗りこなしています。

「この馬には、この騎手」という馬の作り方はしません。結果が芳しくなければ鞍上を替えるということもありません。ただ、騎手の技術の問題ではなく、馬との相性を考えることはあります。

 馬には鞍上が分かる。背中の当たり具合やバランスの取り方で「○○騎手だ」と。当然、乗り替わりも分かるはずです。馬にとっては、自分の重心と走りの足並みを揃えてくれる騎手がいい。逆に、バランスが合わないと馬が走りを整えることになって余計なストレスがかかります。その点が相性かもしれません。

 騎手のタイプは大雑把に分けて2つ、「柔らかい」か「強い」か。

 能力があって引っ掛かり気味の馬には、柔らかい手綱がいい。スタート後、馬が行きたがったり、前の馬との距離が詰まっていたりすると、騎手はスピードを抑えたくなるのですが、そこで手綱を引くと馬は引っ掛かってしまう。行きたがっている馬の気持ちを酌み、手だけでなく膝や腰を巧く使って馬のエネルギーを抜いてやる。それが「拳が柔らかい」ということ。代表格は武豊騎手、浜中騎手、四位洋文騎手などなど。

 逆に、エンジンのかかりにくい“ズブい”馬には、強く追える騎手がいい。こちらの代表は岩田康誠騎手、内田騎手、川田騎手です。2004年の菊花賞で、デルタブルースの鞍上をまだ地方所属だった岩田騎手に依頼したのもそのためでした。

 もちろん、リーディング上位ともなれば、拳の柔らかい騎手も強く追えるし、強く追える騎手も引っ掛かる馬を巧く乗りこなせます。しかし、1日に何鞍も騎乗依頼があり、たまたまズブい馬ばかりに乗る日には疲弊しますし、3場開催ともなれば。こちらの思うようにはいきません。馬の適性や状態をよく見極めて騎乗を依頼し、あとはジョッキーの腕と勝負勘に任せます。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後15年で中央GI勝利数23は歴代2位、現役では1位(2016年10月30日終了時点)。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイア、サンビスタなど。

※週刊ポスト2016年11月18日号