3歳牝馬と古馬牝馬が一堂に会し、下半期の「女王」の座を争うGIエリザベス女王杯(11月13日/京都・芝2200m)。今年のレースの主力となるのは、昨年の覇者マリアライト(牝5歳)と、GI2勝の実績を持つミッキークイーン(牝4歳)だろう。

 昨年、このレースを6番人気で制したマリアライト。自身、初の重賞制覇をGIで決めた。さらに今年は、「春のグランプリ」と言われるGI宝塚記念(6月26日/阪神・芝2200m)でも優勝。ドゥラメンテ、キタサンブラックら牡馬一線級を蹴散らして、完全に覚醒したと言える。

 その宝塚記念以来となった前走のGIIオールカマー(9月25日/中山・芝2200m)では5着に敗れたものの、叩き2走目となる今回は万全の態勢で臨んでくるだろう。昨年もオールカマー5着から戴冠を果たしており、「主役」を張るにふさわしい存在だ。

 一方のミッキークイーンは、昨年の3歳「牝馬三冠」のうち、オークスと秋華賞を制覇。今年はまだ勝ち星に恵まれていないが、春の「女王決定戦」となるGIヴィクトリアマイル(5月15日/東京・芝1600m)で2着に食い込むなど、高いパフォーマンスを示している。

 今回はそのヴィクトリアマイル以来、およそ半年ぶりのレース。間隔は空いたものの、これまでも休み明けで大崩れしたことはなく、GI2勝の底力は軽視できない。

 こうした実績面から、今回はマリアライトとミッキークイーンの「2強」対決というのが、大方の見方。ただし、エリザベス女王杯の歴史を振り返ると、過去10年で6番人気以下の"伏兵"が4勝もしているのだ。

 そのなかには、11番人気のクィーンスプマンテが逃げ切り勝ちを演じ、引退までにGIを6勝した"大本命"ブエナビスタを抑えて大波乱を起こした、2009年の例もある。決して、ひと筋縄ではいかない舞台だ。

 とすれば、「2強」を破って大金星を挙げる馬を探してみるのも面白い。そこで、過去のレースを踏まえて、今年波乱を起こしそうな「穴馬」を探ってみたい。

 過去10年のエリザベス女王杯の結果を見たとき、まず目につくのは、「2年連続の好走」が多いことだ。2010年、2011年と連覇したスノーフェアリーをはじめ、2014年の優勝馬ラキシスも、前年に条件馬の身ながら2着と奮闘していた。

 2012年に7番人気で勝利したレインボーダリアも同様だ。1番人気ヴィルシーナを破った劇的な勝利には驚かされたが、実はレインボーダリアも、その前年に条件馬でありながら同舞台に出走。17番人気という低評価のなか、5着と大健闘していたのだ。

 つまり、エリザベス女王杯は「リピーター」と呼ばれるような、このレースを得意とする馬が上位に食い込む舞台と言える。穴馬を探すなら、この観点は外せない。

 早速、昨年の結果と今年のメンバーを照らし合わせてみると、穴馬として最適な馬が見つかった。

 シュンドルボン(牝5歳)である。

 同馬は、昨年もエリザベス女王杯に出走。結果は7着だったものの、勝ち馬マリアライトとのタイム差は、コンマ2秒しかなかった。馬券圏内に食い込める位置まで来ていて、十分に"好走した"と言っていいだろう。

 昨年は条件戦を3連勝して、昇級初戦の初重賞がGI戦だった。そのため、11番人気の評価となったが、それを覆(くつがえ)して勝ち馬と差のない7着。ポテンシャルの高さを存分に証明した。

 そして今年は、トップクラスでの実績を積んで、GIII中山牝馬S(3月13日/中山・芝1800m)では重賞初勝利を飾った。1年ぶりとなる"得意舞台"で、大仕事をやってのけてもおかしくない。

 エリザベス女王杯では、もうひとつ、注目すべき傾向がある。それは、年内に条件戦を連勝したり、圧勝したりして、上昇カーブを描いている馬が好結果を出していることだ。

 例えば、昨年の覇者マリアライトは、春に下級条件を連勝してオープン入り。その後、重賞で2着、5着と健闘すると、初のGI挑戦で頂点に立った。また、2013年に2着となったラキシスは、直前に500万下条件、1000万下条件と連勝。そこから、クラスを一気に飛び越えてのGI戦でも通用したのである。

 2012年に3着に入線したピクシープリンセスも、直前に1000万下条件のレースを勝ったばかりだった。しかしその一戦では、後続をコンマ7秒も離す圧勝劇を披露。その勢いに乗って、GIでも好走できたのだろう。

 昔から、牝馬は繊細で好不調の波が激しいと言われる。エリザベス女王杯の舞台では、まさしくその特徴がよく表れていて、上り調子の馬が一躍"女王の座"を射止めることが多い。

 では今年、"上り調子"の穴馬となり得るのはどの馬か。

 面白そうなのは、アスカビレン(牝4歳)だ。

 同馬は、この夏に1000万条件、1600万条件を連勝してオープン入り。その後、相手が一段と強化された前走のGII府中牝馬S(10月15日/東京・芝1800m)でも4着と上位に食い込んだ、成長著しい1頭だ。

 通常のGI戦ならば、いくら上り調子でも、一気に頂点に立つことはなかなか難しい。だが、エリザベス女王杯では、過去にそういう馬たちが次々に台頭してきた。昨年のマリアライトのように、春には条件クラスにいたアスカビレンが、この秋にGI馬となっても不思議ではない。

 秋の京都で行なわれる、熱き牝馬たちの戦い。実績馬が貫禄を見せるのか、はたまた人気薄の上がり馬が下克上を果たすのか。決戦のゲートがまもなく開く。

河合力●文 text by Kawai Chikara