今週から再び秋のGIウィークがスタートし、12月末の有馬記念まで7週連続GI と息つく暇もない。一発目は3歳と古馬の牝馬が激突するエリザベス女王杯(11月13日/京都・芝2200m)。牝馬のことは"UMAJO(馬女)"に聞け、ということで、旬の競馬女子アナふたりに秋の牝馬頂上決戦の"アナ馬券"を占ってもらった。

―― 3歳と古馬牝馬の対戦するGIということで、今回はおふたりに来ていただきました。

小泉恵未(以下、小泉):えっ。どっちが3歳でどっちが古馬ですか!?

栗林さみ(以下、栗林):そこはもう、年功序列でコエミ(小泉の愛称)さんに......。

―― (どっちも古馬では!と内心思いながら)まぁまぁ、そこは特にこだわらずに......。"エミ"ザベスと"サミ"ザベスということで。

小泉:あ、それいいですね♪

栗林:エミザベスはまだ"エ"が合っているのでわかりますけど、サミザベスって(笑)。

―― その"ザベス"な女王杯の予想に入る前に、おふたりの普段の競馬スタイルをお聞かせください。

栗林:私は競馬の仕事をさせてもらうのがきっかけで始めて、4年目になりますが、最初はやっぱり馬名とかで買っていましたね。あとはパドックで気になった馬とか。目が血走って、いかにも「ワルい男」って感じの馬を買いたくなるんですよ。そのせいか、ステイゴールド産駒が結構好きで、その際たる馬がゴールドシップでしたね。もう、お布施のように毎回単勝を中心に馬券を買って、だんだんと負けるのも快感になってくるという......。

小泉:ゴルシ教だ(笑)。私も牝馬相手は強いけど、牡馬相手には乙女なメジロドーベルとか、(2008年マイルチャンピオンシップを勝った)ブルーメンブラットの顔に魅かれたり、はっとさせられちゃうと追いかけてしまいますね。今でも1年に1、2頭は見守り続けたいと思う馬が出てきます。今年はケンタッキーダービーを実際に観に行った縁もあって、ラニとかはそうですね。

 ただ、予想はまた別で。特に東京中日スポーツさんで予想のコラム(『コエミの主役はあなた』)をやらせていただくようになってから、出走する馬の過去のレース映像は何度も何度も見るようになりました。あと、その過去のレースに出ていた他の馬についても覚えるので、他のレースでも役に立つんです。

栗林:私もグリーンチャンネルで番組(『教えてVANdaくん! 勝ち馬リサーチャー』)の進行を今年から担当させていただき、専門紙のトラックマンさんとご一緒させていただくようになってから、馬券の組み立てとかは少し考えるようになってきました。特にデータでバッサリと切れるようにもなって。それでも最後はヒラメキに頼るんですけど......。

小泉:以前はボックス買いとかが多かったですが、最近は単勝が多いですね。朝から競馬場にいると、なんだかんだで、この方が収支がいいみたいで。

栗林:私はそれがうまくいかなくて、メインや最終で取り返しにいって、さらに傷口を広げるという......。

―― 栗林さんは、ツイッターで、かなり馬券もぶ厚く張り込んでいるのを見ますが。先日の天皇賞・秋でも、エイシンヒカリの単勝に1万円入れていたとか。

小泉:ヒラメキで1万いっちゃう!? って、いつもツイッターで見ていて。でも、さみちゃんがいるから、自分が負けていても、もっとひどいのがいる、と心の支えになってます(笑)

栗林:はい......。あとは、単・複と馬単総流しとか。そのせいか、取りガミが多くて、以前中継番組でご一緒していた大澤幹朗アナに「ガミばかり ガミ」と命名されたり。

―― いきものがかりの(吉岡)聖恵ちゃんに似ているので、「にせものがかり」と呼ばれたり、忙しいですよね。

栗林:いずれご本人の公認もいただきつつ、R-1にも出るために、芸の精度を上げているところです。

小泉:さみちゃん、どこに向かうの!?(笑)

栗林:すごく馬券が好調な時期もあったんですが、それも過去の話になって、小堺翔太アナには「さみはんの馬券のピークはもう過ぎてますから」と言われたり。でも、最近は割と調子いいんですよ! いつもなら1週間で2万円負けているところを、ここ3週間はトントン、プラス200円、プラス400円ときているんです! これって普段と比べたら6万円も余裕があるってことじゃないですか! ですので、今回は、今までで一番時間をかけて予想してきました!

一同: ......(この子、大丈夫かしら......)。

―― 気を取り直して、それでは、おふたりの印を教えてください。

小泉:私は本命がミッキークイーン、対抗がマリアライト、3番手にタッチングスピーチ。あとはパールコード、クイーンズリング、シュンドルボンですが、重い印3頭の争いだと思うんですよね。

栗林:私は本命がタッチングスピーチ、対抗がマリアライト、3番手にパールコード、その次にクイーンズリングで、あとはミッキークイーンと、穴でマキシマムドパリです。

小泉
◎ ミッキークイーン
〇 マリアライト
▲ タッチングスピーチ
△ パールコード
△ クイーンズリング
△ シュンドルボン

栗林
◎ タッチングスピーチ
〇 マリアライト
▲ パールコード
△ クイーンズリング
× ミッキークイーン
× マキシマムドパリ

―― 小泉さんは三つ巴と見た中で、ミッキークイーンですが。

小泉:「やることはきちんとやる」学級委員タイプですよね。牝馬同士なら必ず勝ち負けに持ち込む安定感が抜けていますし、決して向いていたと思えなかった距離で、しかも長期休養明けでヴィクトリアマイル(5月15日/東京・芝1600m)も2着でした。今回の方が条件はいいですし、池江厩舎ですから、仕上げもきちんとしているはず。

 とはいえ、3頭の中の序列が悩ましいです。タッチングスピーチも鞍上がムーア騎手ですし。なので、このあと追い切りや、共同会見を聞いて、週末の新聞のコラムでの順番は変えるかもしれません。

栗林:私はそのムーア騎手への期待も込めてタッチングスピーチにしました。去年の3着もマリアライトより後ろから馬群を抜け出して3着、今年の京都記念も牡馬を相手に外を回すロスがありながら2着と、どちらも強い競馬だったと思います。ムーア騎手もこのレース2勝(2010年、2011年)してますからね。

―― スノーフェアリーの勝ちっぷりは2回とも衝撃的でした。

小泉:ムーア騎手って、天皇賞・秋をモーリスで勝ったあとでも、「少し早目の追い出しに見えただろうけど、誰も追いつけないと確信があったので、あそこで仕掛けた」と言っていたように、追い出しの見極めというかタイミングの感覚がすごいんですよ。タッチングスピーチって少しコーナーでもたつく印象があるので、それがムーア騎手ならピッタリ合うと思いますよ。逆にムーア騎手じゃなかったら、三つ巴には考えてなかったです。

―― 対抗はおふたりともマリアライトですね。

小泉:ロマン的にはこの馬なんですよ。さっきも名前を出したように、メジロドーベルのように連覇してほしい、名牝の仲間入りしてほしいという気持ちで。2200mとか2500mとかの非根幹距離(※)も強いですし。ただ、この馬にはひと雨ほしいです。
※400mの倍数の距離を根幹距離といい、1200m、1600m、2000m、2400m、3200mのレースがそれにあたる。それ以外の距離を非根幹距離という。

栗林:この馬が勝った宝塚記念(6月26日/阪神・芝2200m)も去年のこのレースもやや重でしたので、今週はそれがどうかな? という気がしますね。さらに、このレースは3、4歳馬が強いというデータもありますので。ただ、宝塚記念は2着ドゥラメンテ、3着キタサンブラックと強いメンバーでしたから。

―― 栗林さんはミッキークイーンを軽視していますが。

栗林:当初の予定では京都大賞典を使うはずが、調整が遅れてぶっつけというのは気になります。鉄砲駆けするタイプですけど、勝ち切るまではどうかなと。それならパールコードのほうが3歳で伸びしろがありますし。3歳馬は押さえておかないといけないレースですからね。

―― ただ、今年は3歳世代のGI勝ち馬である、ジュエラー、シンハライト、ヴィブロス、メジャーエンブレムがみんな不在で。

栗林:そうなんですよね。あとクイーンズリングはジュエラーが回避前、絶好調のルメール騎手を予定していて4番手にしたんです。先週も日曜日に1日8勝、土日で10戦連続連対とかすごかったじゃないですか。結局、元のデムーロ騎手が乗りますけど。

小泉:前哨戦、府中牝馬ステークス(10月15日/東京・芝1800m)は強かったですし、デムーロ騎手が継続して騎乗できるのはいいんですけど、去年のこのレースが案外でしたので、もしかしたら距離かなあと思って、私も軽い印にしました。

―― 穴っぽいところでは、栗林さんがマキシマムドパリ、小泉さんがシュンドルボンを推してます。

栗林:マキシムドパリは、京都コース[1−0−4−0]と相性がいいんですよ。ここ2走も上がりはメンバー最速です。

小泉:シュンドルボンもマリアライトと同じで非根幹距離で、という馬ですよね。あとメジロドーベルで連覇の吉田豊騎手が騎乗というのもポイントです。他に穴っぽいところですと、ヒルノマテーラは中1週でちょっと手を出しづらいですし。

―― 買い方はどうしますか?

栗林:私はやっぱりタッチングスピーチの単勝と、馬単流しですかね。ムーア騎手で人気にはなりそうですが、それでもミッキークイーンとマリアライトよりは配当はいいと思うので。何せ6万円の貯金がありますから。

小泉:さみちゃんと話していると、地方競馬に毎日いるおじいちゃんとお話ししているみたい(笑)。さっきは「最近、単勝で」と言いましたが、このレースは最後までグズグズ悩みそうで。重めの印3頭の馬連ボックスにするか、どれか1頭軸にして買うかになりそうです。最終決断はトーチュウのコラムで(笑)。

栗林:私も予想は出しませんが、レース前日の『勝ち馬リサーチャー』はぜひ見ていただきたいです。

―― ちゃっかりと宣伝しないでください(笑)。

小泉:まぁ、エミザベスの意地でサミザベスには負けないように。

栗林:そしたら、サミザベスじゃなくて、「にせものがかり」から"ニセザベス"でいきます!

小泉:ますます怪しくなってる(笑)

【profile】
小泉恵未(こいずみ・えみ)
オスカープロモーション所属。東京出身。TOKYO MX TVの報道記者・アナウンサーを経て、2013年からフリーとして活躍中。局アナ時代から競馬に執心しており、独自取材も。GI開催週の東京中日スポーツでコラム「コエミの主役はあなた」を連載中。

栗林さみ(くりばやし・さみ)
ホリプロ所属。新潟出身。テレビ新潟のアナウンサーを経て、2012年にフリー。2014年からグリーンチャンネル「中央競馬全レース中継」の進行などを担当。また、「いきものがかり」の吉岡聖恵に似ていることから、「にせものがかり」としても活動中?