【詳細】他の写真はこちら

その姿をCMやドラマ、映画で見ない日はない……という表現が大げさでないほど人気の菅田将暉さん。その素顔は? 恋愛経験は? 『andGIRL』初登場の年下BOYに気になることを質問してみました!

*  * *

映画『溺れるナイフ』では、中学生〜高校生役を演じていた菅田さん。当時を振り返って、菅田さん自身は“無敵な恋”をしていた?

「していないですね。もちろんお付き合いしたことはあります。ペアリングが流行っていた時期で、向こうが『指輪がほしい』と言うので渡したんですけど、1 週間後にフラれました(笑)。映画では、小松(菜奈)さん演じる夏芽を翻弄させ、キスひとつにしても普通じゃない、相手にとって想定外の行動をとる……そんな女の子のことを驚かせるような大胆な行動は、劇中じゃないとできないです」

ただ、“衝動的に突っ走る”ことに関しては、過去ではなく、現在進行形で年々エモーショナルになっているそう。

「年齢を重ねるごとに言いたいことが言えるようになってきたし、食べたいものを食べられるようになってきたし、着たいものを着られるようになってきた。10代の頃よりどんどん自由になっている気がします。当時はむしろ自分を抑えていました。うちは親父が派手なんですよ。ファッションも派手だし、いるだけで周りが明るくなって、笑いが起きる。 逆にそれが恥ずかしくて、自分は変な目立ち方はしたくないと思っていた。そのくせ、自分がやったことにはトロフィーをほしがるような天邪鬼なところもあって。その満たされなかった欲求がこの世界に入って満たされるようになってきたのかなと思います。

俳優業については、『菅田に食われるなら役者をやめる気持ちでやった』と、先輩の柳楽優弥さんに言われて反対に敗北感を覚えたり、同い年の太賀に役者魂を見せつけられて本番中に感動したり。そういう人たちに出会えただけでも上京してきた価値があったし、自分の覚悟も変わりました。前は楽しくやれればそれでいいと思っていたけど、今は芝居に対してどんどん欲が出てくる自分を感じています」

※『andGIRL』2016年11月号