角居勝彦調教師が語る2歳新馬戦の見どころ

写真拡大

 秋競馬も本番を迎えているが、次代スター候補の動向も見逃せない。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、2歳馬の可能性についてお届けする。

 * * *
 天皇賞(秋)の週。秋の日差しの中、パドックの雰囲気がとりわけ晴れやかです。

 一方、グレードの差は大きいものの、捨てがたいのが新馬戦のパドック。GIレースとは違った初々しさがあり、どこか小学校の運動会のような賑やかさがある。関係者の(もちろん当の馬も)期待と不安が入り交じっていて、いい緊張感が漂っています。この時期は来春のクラシックを目指す逸材が毎週のようにデビューしています。さらに新馬戦でその片鱗を見せた馬たちが、2戦目でどんなパフォーマンスを見せるかも注目されます。

 天皇賞と同じ週の萩S(京都1800メートル)にヴァナヘイムが出走を予定しています(10月18日時点)。8月の2歳新馬戦(小倉1800メートル、浜中俊騎乗)を1番人気で勝ち、勇躍オープンに駒を進めます。

 ヴァナヘイムは父キングカメハメハ、母グルヴェイグ、母の父がディープインパクト、そして母の母がエアグルーヴという良血中の良血です。

 とはいえ、キズモノにならないように大事に育てるという意識はありません。創り上げるというより。素質を確認するというイメージです。

 新馬戦は出走馬すべてが初めてのレース。後にダービー馬になるかもしれない馬と、未勝利のままで終わる馬が一緒に走ることもあるので、素質だけで勝ってしまうこともある。また抑えが利かない馬がいて極端な展開になることも多いのですが、どんな展開になるにしても、道中しっかりとタメを作り、終いが切れる作り方を心がけてはいます。

 暮れの大きなレースへの思いを温めているものの、この時期は新馬戦の勝ち方にはそれほどこだわらないし、新馬戦で勝てなくても、2戦目3戦目と成長してくれればいい。2歳時に2勝というのが理想ですが、1つ勝っていれば、まずは合格です。

 闇雲に勝ちに行くということもない。体に力がない馬は強く調教すると走りがよれてくるし、叩いた次の調教から急に引っかかり出したりすることもある。「調教は厳しい、競馬は苦しい」という悪いイメージばかりが残ってしまう馬もいるのです。叩かないで勝つことは、「余力を残す」というよりも「可能性を広げる」。そんなメリットがあります。

 その意味でも、新馬戦のジョッキーは重要です。鞍上の指示に従わせ、馬に余計なストレスを残さず、きちんと競馬を教えてくれるジョッキーがいい。斤量は軽いほうがいいに決まっていますが、技量のほうがはるかに大事です。

 ヴァナヘイムは精神的にも安定していて、体力面も問題なし。それでいて無理な調教もしていません。新馬戦では浜中騎手の柔らかい手綱が奏効しました。相手が強くなってどんなレースを見せてくれるか楽しみです。

 今年の角居厩舎は2歳馬が多彩です。他の2歳馬も、ゲート試験を受け、放牧に出し、という具合に調教を繰り返しています。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後15年で中央GI勝利数23は歴代2位、現役では1位(2016年10月16日終了時点)。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイア、サンビスタなど。

※週刊ポスト2016年11月4日号