1
 
ベゼルフリー化を始め、大幅なイメージ刷新が期待されるiPhone8のコンセプトイメージが早速公開されています。

これぞ次世代iPhoneだ

マテオ・ジェンティル氏のコンセプトイメージで目を引くのは、ついにベゼルフリーで全面ディスプレイとなった端末でしょう。ホームボタンはディスプレイ埋込み式になっているほか、ベゼルフリーでディスプレイ画面端がSamsungのGalaxyシリーズのように浮き上がっている様子が確認できます。
 

 
全面ディスプレイなので、壁紙をこのように表示することも可能です。
 

 
1,200万画素のインカメラとマイクは、ディスプレイに穴を開けるような形で存在しています。ベゼルフリーの先駆けとも言えるXiaomiの「Mi Mix」は、ベゼルの際に目立たないようにインカメラを設置していましたが、美観的には本コンセプトイメージの方が断然いいですね。
 

 
期待されていたワイヤレス充電をついにiPhone8では完備。ディスプレイも有機EL(OLED)パネルを採用しています。
 



 
ジェンティル氏は、iPhone8ではすでに十分薄かったiPhoneをさらに薄くする試みが行われるとみているようです。厚さはわずかに4mm。iPhone7の厚さが7.1mmなのでほぼ半分の薄さになる計算です。
 

 
全体的には実現可能性の高いデザインとなっていますが、唯一残念なのが、「スライドしてロック解除」機能が搭載されていること。iOS10で同機能は廃止されています。それともジェンティル氏はiOS11で復活すると見込んでいるのでしょうか。
 

 
 
Source:YouTube
(kihachi)