セリエA得点王宅が窃盗被害に遭う…計画的犯行か

写真拡大

 セリエAで今季10得点を挙げて得点ランキングトップを走るローマのFWエディン・ジェコの自宅が窃盗被害に遭っていたことが分かった。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、現金500ユーロ(約5万7500円)とブランドバッグ数点が盗まれたという。

 事件があったのは26日で、家には妻アメラさんと2人の娘が在宅していたという。この日は夫のジェコが敵地で行ったサッスオーロ戦に先発して2ゴールを記録し、ローマを勝利へと導いていた日でもあった。

 同紙によると、過去にもFWジェルビーニョやMFラジャ・ナインゴラン、FWセイドゥ・ドゥンビアといった選手がローマ所属時に窃盗の被害に遭っているという。警察は夫の不在を狙った計画的犯行も視野に入れている。


●セリエA2016-17特集