去就に関して噂が出始めているルーニー

写真拡大

ルーニーがマンチェスター・ユナイテッドで満足な活躍が出来ていないことから、エバートンに来季復帰するか、LAギャラクシーの選手になる可能性が出てきた。

「彼の心の中にエバートンがあることは確かであり、戻りたい気持ちはあるはずだ。そして、それが現実となることを願うよ。」とエバートンでの元チームメイトであるレオン・オズマンは語った。もし、彼がデビューを飾ったクラブに戻ってくる選択をしたら、それはとても嬉しいことだとも付け加えた。

また、アメリカでもスティーブン・ジェラードの退団が浮き彫りになって以降、LAギャラクシーがルーニー獲得に興味を持っているという噂が出てきている。

事実、ルーニーはリーグカップのマンチェスター・シティ戦でもモウリーニョによってメンバー外となっている。

今シーズン最初の5試合は少なくとも89分は毎試合プレーしていたが、プレミアリーグのマンチェスター・シティ戦に負けて以降、レッド・デビルズのキャプテンはヨーロッパリーグのオランダでの初戦にも召集されておらず、チームでの存在感は急激に低下している。

ルーニーはフェネルバフチェ戦には出場したものの直近2試合(チェルシー戦とマンチェスター・シティ戦)に召集されておらず、厳しい現実が突きつけられている。
2017年6月に契約を解除すれば、違約金を支払わなければいけない事実があるにもかかわらず、移籍の噂がイングランドでも出始めた。シーズン終盤になれば多くの情報が出てくるだろう。