水道橋博士 テレビからたけし軍団が消えた理由を明かす

写真拡大

28日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、水道橋博士が、たけし軍団がテレビから消えた理由を明かした。

番組では、放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会が25日、バラエティ番組「オール芸人お笑い謝肉祭'16秋」(TBS系)を、審議入りにした件を話題にした

9日放送の同番組で問題となったのは、番組内のコーナー「大声厳禁 サイレント風呂」と「心臓破りのぬるぬる坂クイズ」のふたつだった。視聴者からは「裸になれば笑いがとれるという低俗な発想が許しがたい」などの批判が寄せられた結果だという。

これに、タレントの泰葉は「昔からバラエティって裸多くなかったですかね?」「『(ビートたけしの)お笑いウルトラクイズ』なんてみんな素っ裸でしたもんね」と意見する。

すると水道橋博士は、「たけし軍団は裸が正装。パワハラ・セクハラを中心とした芸能活動なんです」と、自身も所属する軍団の方針を説明する。続けて「だからいま仕事がないんですよ」と、裸による笑いを嫌う世論と噛み合わない実状を明かした。

これに出演者たちが納得すると、水道橋博士は「井手らっきょなんて存在が放送禁止になってますからね」と先輩芸人の名を挙げ、笑いを誘ったのだった。

【関連記事】
水道橋博士がネットリテラシーの低下を指摘「学校で教えるべき」
水道橋博士 検討が進む給付型奨学金制度を批判「誰もがわかるザル法」
水道橋博士が東京都のハロウィン全面禁止を主張 視聴者73%が賛成という結果に