現在の登録馬がすべて出走すれば、今年、海外でGIを勝った3頭が激突する。昨年の勝ち馬でさえ脇役に追いやられるほどの、空前の好勝負が見込まれる今年の天皇賞・秋(10月30日/東京・芝2000m)。とりわけ、昨年の年度代表馬モーリスにとって、中距離のタイトルは今後の種牡馬入りを考えると、喉から手が出るほどほしいし、かねてより中距離でも通用することを示唆し続けてきた陣営にとって、それを証明するいい機会である。

 しかし、今年のモーリスは、国内外のGI3勝を含む6戦無敗で無双状態だった昨年と比較すると、どうしても物足りないように感じられてしまう。3戦1勝、その勝利は休み明けで挑んだ香港のGIチャンピオンズマイルで、敗れた2戦はGI安田記念とGII札幌記念。1番人気を背負いながら、どちらも2着だった。

 安田記念はチャンピオンズマイルから中3週で、検疫のため、慣れない東京競馬場での単独での調教が影響した。札幌記念は初距離に加えて、当日は雨で馬場が渋り、自慢の爆発力を封じられてのものだった。それぞれ決して悲観するような成績ではない。しかし、昨年の連勝があまりにも圧巻だったため、今のモーリスに不満を覚えてしまうのも致し方ないところか。

 振り返れば、昨年はそういった逆境もむしろ糧として跳ね除けてきた。スタートに難を抱えながらも好位につけて押し切った安田記念、その安田記念からぶっつけで、調整不足がささやかれながら挑んだマイルチャンピオンシップ、現地入りしてからの調教のトーンが上がらないままだった香港マイル。そのいずれもが、不安を忘れさせるかのような走りで結果を出し続けていた。だから「この程度」とも表現できる理由で敗れていること自体に、今回もさまざまな不安要素の前に屈してしまうのではないかという懸念を覚えてしまう。

「そもそも絶好調だったとしても、結論としては危ない1頭だと思いますよ、モーリスは。ここまでの戦歴を見る限り、右回りのマイル(1600m)戦こそが最も輝く舞台。対照的な設定とも言える左回りの2000mではやはり狙いづらいです」

 そう指摘するのは、美浦の万馬券王子ことデイリースポーツの豊島俊介記者である。

「まず、左回りが本質的に合わないように思えます。圧倒的な爆発力を見せたダービー卿チャレンジトロフィーや、マイルチャンピオンシップ、香港マイルなどと比較すると、昨年の安田記念、今年の安田記念ともに右回りほどの弾け方ではありませんでした。これは2歳時に出走した、京王杯2歳ステークスでも、出遅れからまったく挽回できずにレースを終えたことから、断言できると思いますよ」

 実は父スクリーンヒーローの父グラスワンダーも、現役時代は左回りが合わないとされてきた。現役通算15戦9勝に対して6回の敗戦のうち、実に4回が左回りの東京コースだった。グラスワンダー自身も説明のつかない強さを誇った面と、脆さを同居させる馬だった。これがモーリスに受け継がれていても不思議はない。

「第二にやはり距離に関してはマイルがベストです。これは血統からは考えにくいかもしれませんが」

 父スクリーンヒーローは現役時代、芝2400mのジャパンカップ、芝2500mのアルゼンチン共和国杯を制している。その父グラスワンダーも芝2500mの有馬記念2勝に芝2200mの宝塚記念を制した。また母メジロフランシスの父カーネギーは凱旋門賞馬で、母の母メジロモントレーも現役時代は牡馬相手に2000m以上の重賞を3勝した。血統だけ見れば、むしろマイルよりは中距離の方が、と思わせるが、実際のキャラクターとしてはマイル向きなのだと、豊島氏は指摘する。

「これは血統よりも気性面なのでしょう。札幌記念ではモレイラ騎手が上手に折り合わせていましたが、それでも直線の伸びが案外で、勝ったネオリアリズムにあっさり逃げ切られてしまいました。もちろん馬場とかもあるでしょうが、とはいえネオリアリズムに0.3秒差というのは不満が残るところ。3歳時なので参考にはしにくいですが、2200mの京都新聞杯がキャリアで最も悪い着順だった7着。要するにこれぐらいの距離では自慢の末脚を使えないということでしょう」

 さらに豊島氏は、「ピークはすでに越えた」と感じるという。

「もとをたどれば2歳時から高い能力を発揮していた馬。デビュー2戦目の京王杯でも単勝1.5倍に支持されるぐらい、デビュー戦の内容が出色でした。どうしても4歳の昨年の躍進が大きかったのと、父スクリーンヒーロー、同じ父を持つゴールドアクターが4歳にブレイクした印象から晩成のイメージが先行していますが、決して晩成ではなく、昨年がピークだったんではないですかね」

 実は血統面でもこれを裏付ける要素がある。晩成とされる父スクリーンヒーローだが、5歳時の成績は5戦0勝で、連対は天皇賞・秋での2着があるのみ。その父グラスワンダーも故障の影響があったとはいえ、5歳時は3戦0勝だった。決して早熟ではない一方で、旬が長くないのもこの血統の特徴だ。モーリス自身、本格化が遅くなったのは、気性面の成長と、デビュー前のトレーニングセール向けの強い調教のダメージから完全に回復するのに時間を要した面もある。

 しかし、活路がないわけではない。

 大きいのは展開のカギを握るエイシンヒカリの存在だ。どちらかといえば、「ためて逃げる」タイプではなく、スピードを余すことなく発揮するタイプのこの馬が出走することで、道中は安田記念のロゴタイプや、札幌記念のネオリアリズムがつくり出したような「ためた」ペースになりにくい。むしろモーリスにとって折り合いやすいペースが期待できる。

 調整についても、前述のように変則的だった安田記念や、北海道での調整となった札幌記念と比較しても、美浦トレセンでみっちりとつくられている。20日のレース1週前の追い切りでもウッドコースで1200mから終いまでしっかりと追われた。

 そして、なんといっても心強い鞍上だ。昨年の香港マイル以来のコンビとなるライアン・ムーア騎手は、今年の凱旋門賞において神がかり的な騎乗で4歳牝馬ファウンドを勝利に導いた。これまでモーリスとは3度コンビを組んでGIを2勝。いわばベストパートナーである。

 逆境を乗り越え、"アジアのマイル王"から"中距離王"へ。そして、引退レースとなる香港へ、天皇賞勝利を手みやげにしたい。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu