今や、すっかり逃げ馬のイメージが定着したエイシンヒカリ(牡5歳)だが、もともとは必ずしも「逃げなければダメ」というタイプの馬ではなかった。

 実際、海外でふたつ目のGI勝ちとなったイスパーン賞(5月24日/フランス・芝1800m)では、道中2番手の追走から、直線で先頭に立つと、後続を引き離して完勝している。遡(さかのぼ)れば、デビュー戦もまた、同様の競馬で圧勝劇を演じている。

 それは、2014年4月26日、経験馬相手の未勝利戦(京都・芝1800m)だった。エイシンヒカリは、道中3〜4番手の好位につけると、直線で馬群から鋭く抜け出して、2着に5馬身の差をつけて豪快な勝利を飾った。

 このとき、同レースを見ていた競馬関係者は一様に、「すげぇヤツが現れた!」と衝撃を覚えたという。というのも、単に勝ち方が鮮やかだったからではなく、その馬の、デビュー戦とは思えないほど流れにうまく乗ったレースぶりに、競走馬としての"奥行き"を感じたからだ。

 当時のことを知る競馬関係者は、「この段階では今日の"逃げて勝つ"エイシンヒカリの姿は、誰も想像できなかったのではないか」と言う。

 ところが、騎手が乗り替わった2戦目、今度は一転、逃げて快勝した。関西の競馬専門紙記者によれば、「ここで、エイシンヒカリの"逃げ馬"としての未来が決定した」という。

 なぜなら、エイシンヒカリは「本質的に気が悪い」。それも「相当な悪さ」だという。一昨年、5連勝でオープン勝ちを収めたアイルランドトロフィー(2014年10月19日/東京・芝2000m)で、何が気に障ったのか、直線で突然大きく外によれて、外ラチにぶつかりそうになったことが、そのことをよく物語っている。

 こういう馬がキャリアの浅いうちに逃げて勝つ味を覚えると、それをもう一度矯正して、デビュー戦のような競馬をさせるのは、ほぼ不可能と言えるほど難しいことだという。我慢するよりも、好きなように逃げたほうが、馬には断然楽だからである。先の競馬関係者が語る。

「もしオーナーや調教師に、ひとつくらい負けてもいいから、その経験を糧にして、差す競馬を覚えさせようという意向があれば、どうにかなっていたかもしれません。でも、オーナーも、調教師も、それを望まなかった。それで、エイシンヒカリはハナを切って逃げて勝つ、今のようなタイプの馬になったわけですが、あのスピードを切れ味に転換できていたら、どんな馬になっていたでしょうか。きっと、今よりもはるかにすごい馬になっていたと思います」

 海外でGIを2勝し、今夏のワールド・サラブレッド・ランキングでは、日本馬としてはジャスタウェイ以来の1位に輝いたエイシンヒカリ。それほどの馬が、実はもっと強い馬になっていた可能性があるというのだ。今のように逃げて勝つスタイルも魅力的だが、差しても勝てる、もっとスケールの大きな競馬ができるエイシンヒカリも、一ファンとしては見たかった気がする。

 さて、そのエイシンヒカリは、年内にあと2戦して現役を引退。その後は種牡馬になることが決まっている。

 2戦目が昨年勝った香港カップ(香港・芝2000m)に出走する予定ゆえ、今週出走予定の天皇賞・秋(10月30日/東京・芝2000m)が、国内でのラストランとなる。

 常識的に考えれば、今回は6月のプリンスオブウェールズS(6月15日/イギリス・芝2000m)以来、約4カ月の休み明け。天皇賞・秋は昨年9着に惨敗したレースでもあり、勝負は相性のいい次の香港カップと見るべきだろう。つまり、引退レースを飾るという意味においても、天皇賞・秋は香港カップへのステップレースと考えられる。

 だが、そうした見方はどうも間違いらしい。前出の競馬専門紙記者が言う。

「この馬の場合、勝つための条件は、いかに気分よく逃げられるかに尽きるわけですが、その点からふたつのレースを比較してみると、今年は天皇賞・秋のほうが条件に合いそうなんです」

 確かに昨年の香港カップは、天皇賞・秋惨敗後の一戦だったため、13頭立ての9番人気と評価が低く、その分、楽に逃がしてもらえるという有利さがあった。しかし、ディフェンディング・チャンピオンとして迎える今年は、当然他馬のマークが厳しくなる。

 それに比べると、天皇賞・秋はルージュバックをはじめ、モーリス、アンビシャス、ステファノスなど、有力馬の大半が差し、追い込みタイプ。そのため、勝ちを意識する有力馬の騎手の心理は、後ろへ、後ろへと向く。そこに、マークの薄くなったエイシンヒカリの勝機が生まれる可能性がある。

 海外帰りのうえ、およそ4カ月ぶりの競馬になるが、体調面に関しては特に大きな問題はないそうだ。そもそも、前走から3カ月以上間隔の空いた4戦はすべて勝っているように、休み明けは滅法走る。エイシンヒカリにとっては、むしろ休み明けのほうがプラス材料となるのだ。

「パンパンの良馬場だと、末の切れる馬にやられる可能性があるので、できれば道悪のほうがいいでしょう。道悪だと、自分勝手に走れない分、この馬自身も折り合えますから。もし当日、道悪になったら、勝つチャンスはさらに広がると思いますよ」(競馬専門紙記者)

 海外では、GIをふたつ勝っているが、日本国内ではGI未勝利のエイシンヒカリ。引退後の種牡馬入りにハクをつけるためにも、最後の香港カップ以上に、天皇賞・秋で結果を残したいはずだ。

新山藍朗●文 text by Niiyama Airo