23日、Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島ではプロ野球日本シリーズ第2戦が行われた。広島カープ対北海道日本ハムファイターズの一戦は、前日と同スコアとなる5-1で広島が勝利しホームで2連勝を挙げている。

するとTBS「S1」では野球解説者・野村克也氏の“ボヤキ解説”を放送。試合前からスタメンを外れた大谷翔平に対し「スーパースターはこんな短期決戦で休んじゃいけない。義務がある、試合に出る」とさっそくボヤいた同氏は、「第2戦はすごい大事なんですよ。第2戦を制したものがシリーズを制す」とも――。

そんな試合は序盤から、松山竜平の犠牲フライで先制点を狙ったランナー・菊池涼介をライト・近藤健介が好返球でアウトにするも、野村氏はキャッチャー・大野奨太にチクリ。「キャッチャー、横着なやっちゃな。キャッチャーミットは両手で捕らないと。基本通りやらないとミスを犯す確率が高くなる」と指摘した。

4回1点を追う日本ハムは、ツーアウト1、2塁から大野がセカンドゴロを打つも、これを菊池がエラー。野村氏は「これはラッキー。バット折れたでしょう。名手・菊地が捕れないんだから、よほど変な回転で打球が飛んだと思う。これが野球だ。思わぬことが起こる」とキッパリ。

また6回裏には、田中広輔のツーベースでノーアウト2塁とすると、続く菊池はバスターでレフト前ヒットを放つも、ホームを狙った田中はタッチアウトに。このプレーに声を荒げた野村氏は、「サードコーチは罰金だよ。止めなきゃ。ノーアウトだもん。無理するところじゃない。しかも次は3番バッターだよ」と言い、その後のビデオ判定でセーフに覆ったが、「コーチャーの判断ミス。ノーアウト1、3塁でクリーンアップに任せればいい。許されない。結果オーライな野球」と厳しく言い放った。それでも日本ハムは、バント処理で手痛いエラーが出るなど簡単に追加点を許し自滅気味に。「あーあ、もうボロボロだ。日本シリーズはあり得ないミスやったら勝てない。ムードがガラっと変わっちゃう。こりゃダメだ」と呆れ気味に語った野村氏は、試合が決すると「なんせ日本ハムは覇気がない。打てないわ。やっぱり中田とかレアードとか、中心選手がホームランでも打って勢い付けないと。こういう打線が湿っている時の一発は効くんですよ」と4番・中田翔の奮起に期待を寄せた。