マリナーズ時代のイチロー【写真:田口有史】

写真拡大

マリナーズの経営権を譲渡した任天堂、01年にはイチローを獲得

 シアトル・マリナーズの筆頭株主だった任天堂は今年、持ち株の大半を譲渡した。1992年にマリナーズの筆頭株主となった日本のゲーム会社が球団に残した功績として、地元メディアは2001年にオリックスから獲得したイチロー外野手(現マーリンズ)の補強を挙げている。ESPNが報じている。

 ESPNでは、米4大スポーツ各チームの強さ、強化費、チケット代の安さなどファンの満足度をアンケート調査し、全122球団を格付けする企画を行った。マリナーズは前年度から26位もランクアップし、全体の78位となっている。

 優勝争いでは115位、オーナーの評価は85位、コーチの評価は88位、選手の評価は95位など低評価となったマリナーズだが、本拠地セーフコ・フィールドの「スタジアム体験」では14位と高評価をゲット。全体では2015年シーズンよりも順位を上げている。

 特集では、「新しくなったこと」という項目で、任天堂オーナー時代を振り返っている。任天堂は地元の17のオーナーグループに持ち株を譲渡したが、シアトル在住のオーナー体制が生まれたのは、1981年以来だという。任天堂が1992年に買収したことで、マリナーズはシアトルからの移転を免れることができたと記事では解説しているが、それ以外の功績として、今季メジャー史上30人目の通算3000安打を達成したイチローの獲得が登場する。

任天堂の功績は「例えばチームのレジェンドであるイチロー・スズキとの契約」

「任天堂はマリナーズにとっても様々な良いことをしてきた。例えばチームのレジェンドであるイチロー・スズキとの契約だ」

 特集ではこう評価している。マリナーズは2000年11月、オリックスからポスティングシステム(入札制度)でメジャー挑戦に踏み切ったイチローとの交渉権を獲得。3年総額1400万ドル(約14億5000万円)で契約を結んだ。イチローは1年目の2001年に圧巻の活躍でMVP、新人王、首位打者、盗塁王を獲得。この年から10年連続でシーズン200安打、オールスター出場、ゴールデングラブ賞獲得も達成。2004年にはシーズン262安打のメジャー記録を打ち立てた。球団の“レジェンド”となったイチローの獲得は、任天堂の大きな功績だと振り返っている。

 マリナーズはイチローだけでなく、佐々木主浩投手、長谷川滋利投手、岩隈久志投手、川崎宗則内野手、青木宣親外野手ら多くの日本人選手を獲得した。

 特集では「新しい地元のオーナーは勝つことにより神経を払うだろう。なぜなら負けることによる大きな批判を避けるたいと思うはずだ」とも分析。マリナーズはイチローのルーキーイヤーだった2001年を最後に、プレーオフから遠ざかっている。新たなオーナー体制の下、来季はどんな戦いを見せるのか注目したい。