寺島 成輝(履正社)

 今回、U-18メンバーは18名中、10名がプロ志望届けを提出しているが、全員のドラフト指名が決まった!

<投手> 7名・寺島 成輝(履正社) ※関連記事 東京ヤクルト1位・藤嶋 健人(東邦) ※関連記事 中日5位・堀 瑞輝(広島新庄) ※関連記事 北海道日本ハム1位・藤平 尚真(横浜) ※関連記事  東北楽天1位・高橋 昂也(花咲徳栄) ※関連記事 広島2位・今井 達也(作新学院) ※関連記事 埼玉西武1位・島 孝明(東海大市原望洋) ※関連記事 千葉ロッテ3位

<捕手> 1名・九鬼 隆平(秀岳館) ※関連記事 福岡ソフトバンク3位

<内野手> 1名・松尾 大河(秀岳館) ※関連記事 横浜DeNA3位

<外野手> 1名・鈴木 将平(静岡) ※関連記事 埼玉西武4位

 うち1位指名が、4人。3位以上が8名と、多くの選手が上位指名され、改めて国際大会の活躍は大きいという結果になった。大会中、防御率0.00の活躍を見せた寺島や、大会期間中、リリーフとして活躍を見せた堀 瑞輝。1試合登板に終わったが、パワーピッチングを見せた藤平、宿敵・韓国戦で好投を見せた高橋、そして台湾戦で2試合で力投を見せた今井、1試合だけで終わったリリーフとして好投を見せた島などプロ志望の投手は全員指名された。

 そして捕手で最優秀守備賞を受賞した九鬼 隆平、またベストナインを受賞した松尾、鈴木といった面々も指名を受けた。大会中、ハイレベルなパフォーマンスを見せた彼らが活躍を見せることを期待したい。

(文・河嶋 宗一)

注目記事・【プロ野球ドラフト会議2016特設サイト】