春の実績馬に、夏の上がり馬が迫る――。

 10月23日に行なわれるGI菊花賞(京都・芝3000m)。3歳牡馬クラシックの三冠最終戦となるこの舞台では、古くから"上がり馬"が実績馬を強襲するシーンが何度も見られてきた。

 今年も、そうした構図になることは十分に考えられる。

 まず、春のクラシックで主役を務めた強力な2騎、GI皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)を制したディーマジェスティと、GI日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)でハナ差2着だったサトノダイヤモンドが並び立つ。ともに菊花賞の前哨戦を制し、本番に向けて万全な状態にある。

 翻(ひるがえ)って、そんな彼らを脅(おびや)かしそうな、魅力的な上がり馬もいる。筆頭となるのは、ミッキーロケットだ。

 今春までは、条件クラスの500万下をなかなか勝てなかった同馬。抽選によって皐月賞にも出走したが、結果は13着と大敗。勝ったディーマジェスティや、3着サトノダイヤモンドからは、およそ2秒遅れでゴールした。

 そんな馬が、数カ月後にはトップクラスと互角の勝負を演じることになるのだ。それこそ、競馬の面白さであり、魅力なのだろう。

 皐月賞のあと、ミッキーロケットは3カ月近く休養して夏場の北海道開催で復帰。500万下、1000万下のレースをクリアすると、菊花賞トライアルのGII神戸新聞杯(9月25日/阪神・芝2400m)に出走した。そこで、皐月賞でははるか先を走っていたサトノダイヤモンドと追い比べを展開。ゴール前では馬体を並べ、世代トップクラスの馬にクビ差2着まで迫ったのだ。

 春とはまったく別馬のようなレースを見せたミッキーロケット。いったい、どうやってここまで成長できたのだろうか。

 そのヒントとなる、ひとつの証言がある。ノーザンファーム早来で同馬に携わってきた横手裕二氏の言葉だ。ミッキーロケットはデビュー前の育成をこの地で行ない、皐月賞後の休養もここを訪れたのだが、その際、久しぶりに同馬を間近で見た横手氏は、とにかく驚いたという。

「デビュー前の育成のときは、体がパンとしていなくて、しっかりしていない印象がありました。でも皐月賞のあと、久々に早来に戻ってくると、馬が全然違っていたんですよね。体つきが変わっていて、びっくりしました。『これは、500万(レベル)の馬じゃない』と思いましたし、ここまでしっかりしていれば、相当やれると確信したことを覚えています」

 横手氏が見ていた育成時代、ミッキーロケットは決して大物感が漂う1頭ではなかったという。馬体の肉付きも「もうひと回りほしい」と感じていたそうだ。

 ゆえに、デビュー2戦目で初勝利を挙げたあと、500万下のレースで連続2着となっても、惜敗の悔しさが先にくることはなかった。そのときに負けた相手は、アドマイヤダイオウやナムラシングンといった、その後にオープンクラスで活躍した面々。「相手は強いし、この馬なりにがんばっている」と思っていたという。

「だけど、(管理調教師の)音無(秀孝)先生や、ノーザンファームしがらき(※レース間の短期放牧にミッキーロケットが訪れる施設)のスタッフは、『もっとやれる』としきりに話していたんですよね」

 やはりそれは、この頃からミッキーロケットが成長していることを、すでに現場で感じていたからだろう。そして横手氏も、早来に戻ってきた同馬を見て、同じ気持ちを抱いた。以後、音無調教師の「菊花賞に行きたい」という依頼に合わせて調整していったという。

 こうして、同馬は7月に復帰。復帰初戦の500万下を快勝すると、続く昇級初戦の1000万下こそ2着に敗れたものの、同条件2戦目のレースではきっちり勝利を収めた。目標の大舞台へ向けて、着々と歩みを進めたのだった。

 実はこの3走のうち、唯一負けたレースにおいて、陣営が本気で菊花賞を狙っていた気持ちが見てとれる。それは、横手氏のこんな発言からもわかる。

「正直なところ、500万を勝ったあとは、1000万も連勝できると思っていたんですよね。当日は競馬場に行っていたのですが、負けた瞬間はショックというより、『菊花賞までに、もう一走しなければならない』ということを心配しました。途中のレースが増えるということは、本番の菊花賞へ向けて、余裕を持った調整ができなくなりますから」

 青写真どおりではなくなったものの、同馬は次走で難なく1000万下を突破し、前述したとおり神戸新聞杯に出走した。そして、先に抜け出したサトノダイヤモンドの背後から迫り、最後は2頭のマッチレースに持ち込んだ。2着に敗れたとはいえ、菊花賞の有力馬へと一気にのし上がる激走を見せたのだ。

「(神戸新聞杯では)いい走りはするだろうと思っていましたが、(強敵相手に)よくがんばりましたよね。コンスタントに出走していながら、これまでへこたれることもありませんでしたし、順調に成長してきていることを実感しました」

 菊花賞へ向けて、十分に評価できる2着だった。しかし一方で、横手氏は「トップクラスとの差も感じた」という。

「一瞬、勝てるんじゃないかと思いましたが、並んでからのサトノダイヤモンドは強かったですね。相手は余裕の走りでしたから」と、冷静に分析する。

 それでも、春には500万下で足踏みしていた馬が、菊花賞では堂々と主力の一員になったことは間違いない。「キャリアや折り合いは心配していませんし、音無先生の話では、神戸新聞杯のあとも疲れはなく、順調に調整できているようです」と、横手氏も期待を込める。続けて、ミッキーロケットに対して、こうエールを送った。

「やはり相手は強いですから、結果は求めず、とにかく現時点の実力でがんばってほしいですね。ここまでよく成長してくれましたし、大きな不安はありません。(育成を担当した)自分の厩舎からは、他に2頭出走する予定ですが、みんな無事に、実力を出し切ってもらえればうれしいです」

 菊花賞における数々の名場面を生み出してきた"夏の上がり馬"。今年、そんなシーンを演出するとしたら、主役となるのはミッキーロケットだろう。スタッフを驚かすほどの成長力を見せた馬が、今度はクラシックのひのき舞台で強烈なインパクトを刻む。

河合力●文 text by Kawai Chikara